梱包を上手にしたい

引越しの際、欠かすことができない作業が「梱包作業」です。
梱包作業は慣れていない人がほとんどかと思います。器などは上手に収納しつつ、移動の際も割れないようにといった注意が必要です。
梱包を上手にしたいと考えている方におすすめしたいのが、業者への依頼です。

引越し業者では梱包もそうですが、梱包に適した道具も準備しているので安心して任せることができます。
日常から引越しの際の梱包作業を行っているため、さまざまな形の器に対しても上手に対応してくれます。
業者側はあらかじめ梱包に関する研修も行っているため、さすが!という出来で梱包を行ってくれます。

梱包だけではなく移動用の箱にも気が使われており、箱の中にカバーを用意していたり、毛布やさまざまな道具を準備しています。
引越しがしょっちゅうという人でなければ、これも必要経費だと考え、大事な家財を業者に依頼するのも1つの手です。

自分でやるといった人は毛布やタオル、新聞紙、テープ、ダンボールなど準備をしっかり行いましょう。
またお皿などはダンボールより発泡スチロールの利用がおすすめです。発泡スチロールは近所のスーパーなどで無料でもらうことができます。
無料というのもまたうれしいポイントですよね。

また梱包の際は、極力隙間を作らないということが肝心です。隙間があるとその部分が落とし穴状態になって、お皿の向きがおかしくなったり、何かの弾みでそこに重さがかかってお皿が割れてしまうといったことも少なくありません。
お皿などは特に、念入りな梱包をおすすめします。

また日本酒などお酒系も厳重すぎるほどの梱包がおすすめです。なぜ厳重すぎるほどの梱包がおすすめかというと、こういったものは非常に割れやすく、プロの運送業者でも頻繁に破損してしまうためです。
衝撃を極力抑えるためにも何重にも梱包することが大事です。

移動の際は業者だから大丈夫だろうと思いがちですが、業者も途中で躓いたり、何かの弾みで箱に負担がかかることもあります。
例えば急ブレーキでも荷物が横になってしまうといったこともありますよね。
こうしたことも考慮し「万が一」「もしも」のケースを想定して、梱包しておくとより安全と言えます。

また非常に大事なものや高価な貴重品は自分で持っていくなど、工夫をしましょう。
そうそう多い話ではありませんが、ごくまれに盗みを行う人もいないわけではありません。
特に海外へ引越しをする人は要注意です。
駐在任務が多いタイでは引越し業者による窃盗が後を絶たないと言われています。