家賃保証システムから考える全保連の役割

by michinari

全保連は全保連株式会社という法人です。

この会社では、物件を探している利用者の方々と物件を所有しているオーナーの方を、安心して繋がることができるように「家賃保証システム」というサービスを行っています。

「家賃保証システム」とは、たとえば、アパートやマンションを借りている方が、賃料などを払えない月がある場合、全保連側からオーナー側にその未払い家賃の支払いを代行してくれるサービスです。

つまり家賃の立替サービスとなっています。

そのため、家賃が払えない月があったとしても利用者の方は、住んでいる家を追い出されることなく、同じ部屋に住み続けることができます。

また、支払えなかった家賃に関しては、後日、利用者側が全保連側に支払う形となっています。

また、このサービスは、アパートやマンションを所有するオーナー側の視点から見ても、安心して入居者を迎えることができるシステムとなっています。

なぜなら、入居者の方が毎月100%家賃を支払ってくれるかどうかは、入居時に把握することが難しく、実際に住んでからでないと分からないことの方が多いからです。

(参考:全保連 評判

役立つ家賃保証システム

「安定した収入がありそうな仕事に就いている」と思っても、いつその仕事が無くなるのかは、このご時世なので誰にも分かりません。

また、家やアパート、マンションの部屋を借りる際の連帯保証人の方が支払ってくれる保証もありません。

そのため、オーナー側は、このサービスがないと安定した収入を得られないだけでなく、借りている人に対して家賃を支払うよう催促しなければならない状況となってしまいます。

この業務は、本来する必要のない余分な業務と言わざるおえません。

その催促する業務には、時間が掛かるだけでなく、精神的にも負担が掛かります。

また、家賃が支払えない住民とのトラブルに巻き込まれ逆恨みをかうこともありますし、他の住居者の方にも迷惑を掛けることに繋がってくる場合もあります。

そういった業務からオーナーの方々を解放し、心や体への負担を減らし、入居者の方とのトラブルを回避することにも「家賃保証システム」は役立っています。

また、安定した収入を確保できるため、オーナー側の私生活あるいはビジネスライフへの影響も抑えることができます。

不動産会社や管理会社の方にもこのサービスは利用されており、安定した収入を確保できることはもちろん、管理業務の軽減にも役立っています。

全保連は、物件の利用者、オーナー、管理会社のそれぞれが安心して契約できるようにサポートするために、それぞれの抱える問題や難しい業務を代わりに代行することにより実現させています。