純金積立のメリットとは?ゴールドリンクに聞く

by michinari

(1)始めやすく便利になった純金積立

金投資にはさまざまな方法がありますので、自身のライフスタイルにあわせて適切なものを選択することが重要です。

世の中には専業トレーダーのように手間をかけてでも自力で資金を大きくする醍醐味を味わいたいという人もいれば、できるだけ手間がかからない方法で増やすのがよいと考える人もいます。

金の場合は他の投資対象と比べて特殊な面として、現物そのものに芸術的な価値があることが挙げられ、たとえば国内でも何らかの行事の記念金貨、あるいは明治時代などの古い時代に発行された高額通貨の一種としての金貨などは、デザインにも優れていて、コレクター間で高値で取引されることがあります。

別に古銭のコレクターではなかったにしても、金の輝きに魅了されるのは自然なことであり、そのために同じく投資をするのであれば現物を手に入れることにこだわりたいという人もいることでしょう。

このような方法のなかでも特に投資の初心者が注目したいものに純金積立があります。

ごく簡単に説明すれば、毎月一定の金額に該当する純金を購入して積み立て、やがて大きな資産を形成することを目指す方法といえます。

これらは純金を取り扱っている商社や証券会社などを通じて取引することができ、最近はいわゆるネットバンクのようなインターネットでのやり取りができる会社も積極的にこの分野に参入してきています。

そのため購入にあたってわざわざ店舗を訪れなければならないといった、従来のような手続きも必要なく、ごく気軽に取引ができるようになってきています。

もちろんこのように便利になった背景としては、純金積立が広く世間の人気を博していることが挙げられ、そのメリットを知っておくと人気があることにも自然と納得がいくものです。

(2)金取引をするメリット

たとえば金の資産価値は世界の共通認識になっていることがあります。

投資の手段には株や為替などいろいろなものがありますが、たとえば戦争やテロ、自然災害などが発生した場合、その国の通貨や株式はいとも簡単に暴落してしまい、場合によっては紙切れ同然の扱いを受けてしまうことがあります。

ところが金を考えてみると、有事であってもその価値が完全になくなることはなく、かえって有事の金などといわれるとおり、他の資産から乗り換えるトレーダーが増えて売買価格が高騰することのほうが多いといえます。

このように現物資産としての抜群の安定性をもっていることは、金の取引をする上での大きなメリットです。

このことに関連して、純金積立であればリスクを平準化できるということも挙げられます。

金がいくら安全資産だとはいっても、やはり需要と供給の関係で取引価格は刻々と変化しています。

そのため価格が高騰するときもあれば逆に下落することもあるといった具合に、常に価格には波があるものと考えておくのがよいでしょう。

もしも価格が高いときに大量に金を購入してしまった場合、その後価格が下落すると一気に損失が膨らんでしまいますが、実は純金積立では毎月少しずつ購入という特徴があるため、価格が高いときに購入したもの、安いときに購入したものを足し合わせて平均すると、このような価格変動の影響を受けていないのと同然の結果となります。

(3)長期的な運用はメリットになる

投資にはリスクが付き物といわれますが、逆にリスクを分散させて大きな影響を受けないようにする知恵が積立による方法です。

純金積立には少額から取引ができるというメリットもあります。

株取引などを考えた場合、最初にある程度の元手となる資金がなければ有望な銘柄を購入することさえできません。

購入ができなければ値上がりによって利益を得ることもできず、投資が成立しなくなってしまいます。

これは一般的な投資の方法すべてにいえることですが、純金積立であれば毎月千円程度のごく少額からでも取引が可能という会社が多く、たとえ潤沢な資金がなくても投資に参加することが可能です。

要は銀行の定期預金などで現金を積み立てるのと同じ感覚ですが、銀行預金は現在のような低金利のなかではほとんど利息が増えることはないのに対して、金の価格は固定ではなく日々変動していますので、それ以上のリターンを得ることができる可能性があります。

このようなさまざまなメリットがあるいっぽうで、デメリットについてもまったくないわけではありませんので、両方を見比べてメリットのほうが上回ると判断できるかどうかが鍵となります。

このデメリットに関しては、たとえば長期間にわたってこつこつと実績を積み上げるタイプの投資法のため、短期間で多額のリターンを得る目的には向いていないということが挙げられます。

短期決戦主義を貫くのであれば、為替や株のほうにこそ勝機があるといえますが、これは暴落のリスクと裏腹の関係です。

ほかにも取引に際して一定の手数料がかかりますので、銀行預金のように無料でいくらでも預け入れることができるわけではないことにも注意する必要があります。

 

※参考ページ:株式会社 ゴールドリンク 藤田 栄喜


派遣の事務で働くには?

by michinari

1.派遣の事務として働くために必要な事

派遣社員として働いている人の中には、事務をしているという人も多いのではないでしょうか。

比較的需要が多いので、チャレンジしやすい職種といえます。

仕事の内容は派遣される会社によって様々ですし、部署によって異なることも多くあります。

未経験でも働ける場合も多いですが、ある程度のスキルを求められることもあるようです。

では、派遣事務として新宿区で働くにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

一般的には書類を取り扱うことが多いので、エクセルやワードといったパソコン操作は必須になります。

文書を作成することもありますし、データ入力や見積書・契約書・請求書などの作成を行うこともあります。

受注管理や勤怠管理などでは専用のソフトを使用することも多く、最初は決められたフォーマットに入力することが主になります。

そのため一定レベルのパソコンのスキルは必要になるでしょう。

派遣会社に登録する際にはスキルチェックが行われるので、仕事を紹介される時には自分のレベルに合ったものになります。

また、パワーポイントなどを使って資料の作成業務などを任されることもあります。

パソコン操作に関してはスピードを求められることもありますが、正確性がより重視されることも多いようです。

それからアシスタントのように補助業務を任されることもあります。

営業マンのサポートをしたり、電話の取り次ぎや来客対応・備品管理・ファイリングをしたりします。

他の部署に進捗状況を確認するといった調整役を担うことも多いので、コミュニケーション能力も必要です。

書類の提出を促したり、スケジュールを調整するなど面倒な交渉を引き受けなければいけないこともあるようです。

そんな時にぶっきらぼうな態度だとスムーズに話が進まないこともあるので、細かな部分に気を配って話を進めることが必要になります。

 

2.マナーや接遇も身につけておく

また、来客へのお茶出しなど人と接することもありますし、電話応対を行うこともあります。

そのため人と接する際に重要なマナーも身に付けておくことが大切です。

事務の仕事は基本的にデスクワークが中心になります。

コツコツと地味な作業を繰り返すことも多いので、そういった作業が苦痛だと難しいかもしれません。

小さい会社の場合には、社内の清掃をしたりテーブルを拭くといったことも業務の1つになることがあります。

郵便物を受け取って配布したり、足りなくなった備品を補充するといった庶務的な業務を担うこともあるようです。

仕事内容は会社によって様々ですが、規模が大きくなればなるほど細分化が進んでいるので決まった仕事だけを担当することが多くなります。

それに対して規模が小さな会社の場合には、様々な業務を幅広く手掛けることが多くなっています。

会社の方針にも差があります。

雑用を派遣社員に任せるところもあれば決まった業務だけを担当させるところもあるので、応募する際にはどういった仕事内容なのかを事前に確認しておくことが重要です。

また、外資系企業や海外との取引を行っている会社などでは、英語などの語学力が必要になることもあります。

海外にある取引先とやり取りをする際に英語を使用するからです。

日常の会話まで英語を採用している企業はあまり多くはありませんが、事業がグローバル化していることもあり語学力が必要になるケースは増加傾向にあります。

 

3.縁の下の力持ちでサポート的な存在

一般的な事務に比べると、時給は高めに設定されています。

一口に事務職といっても仕事内容は多岐にわたりますが、サポート的な位置付けの職種であることは間違いありません。

縁の下の力持ちというように目立つ存在ではありませんが、会社がきちんと機能するためには必要な職種です。

残業などは少なめで毎日定時に帰れるという人も多くいます。

ただし、会社や部署によっては派遣社員でも残業するということもありますし、繁忙期にのみ残業が発生することもあります。

女性の割合が高く、結婚後も続けられる職業として人気があります。

プライベートを重視する人にも選ばれています。

事務で働く場合には、業務内容や職場のルールなどをきちんと確認することが重要です。

起こりやすいトラブルには、就業する前に聞いていた話と業務内容が異なるといったことが挙げられます。

例えば、書類の作成業務だけと聞いていたのに、来客対応を任せられてその比重が大きいといったことです。

残業は月に数時間と聞いていたのに、毎日残業を指示されるといったころもあります。

本来は契約した業務以外はする必要はありませんが、担当する部署の人がそれをきちんと理解していないこともあるようです。

自分で上司や同僚に指摘して人間関係が気まずくなるのではないかと心配する人もおり、なかなか言い出せないことも少なくありません。

そういった時には、派遣会社の担当者に相談して交渉してもらうのがおすすめです。

業務内容を丁寧に確認したり、今後どうすればいいかをきちんと話し合ってもらえます。