UNICEF東京事務所とユニセフの活動

by michinari

UNICEFは国連機関のひとつで、世界の約190もの国や地域で活動をしているのが特徴です。
その大きな目的は子どもたちの命や成長を守るためで、それぞれの国の政府や自治体などと協力した支援活動をおこなっています。

 

UNICEF東京事務所と日本ユニセフ協会

そのようなUNICEFに関係する日本の団体には、UNICEF東京事務所と日本ユニセフ協会の1つがあります。
しかしどちらも同じようにユニセフという名前が付くことから、これらにはどのような違いがあるのかよく分からないという人も少なくありません。
場合によっては間違えたまま記憶に残ってしまっているということもあるものです。
UNICEF東京事務所と日本ユニセフ協会は、どちらもユニセフの活動を支援している団体です。
国連機関であるユニセフは世界にある33か国の先進国や地域に国内委員会があります。
その1つであるのが日本の国内員会である日本ユニセフ協会です。

 

日本ユニセフ協会の歴史

この団体が設立されたのは1955年のことでした。
当時は財団法人として設立され、2011年には公益財団法人に移行認定されています。
他の国にあるユニセフの国内委員会と同じように、ユニセフに協力して日本国内で世界の子どもたちの活動をおこなっているのが特徴です。
個人や民間企業、様々な団体とユニセフをつないでいるというところに特徴があります。

 

UNICEF東京事務所は国際協力機構とも連携をして活動を行う

一方UNICEF東京事務所は、ユニセフのニューヨーク本部の駐日事務所です。
公的資金の調達をおこなう部署の直轄で、日本の政府開発援助による資金協力や国会議員・NGOなどとの連携を促進する活動をしているという違いがあります。
そもそもODAは政府の資金でおこなわれている開発途上国に対する援助や協力のことで、Official Development Assistanceの頭文字を取ったものです。
日本では国際社会の平和と安全のためにこのような開発協力をおこなっていて、途上国の発展を手助けしたり地球全体の問題解決をすることに対しては各国から期待されています。
またUNICEF東京事務所は、国際協力機構とも連携をして活動をおこなっています。
国際協力機構はJICA(ジャイカ)とも呼ばれる機関で、Japan International Cooperation Agencyの頭文字を略したものです。
開発途上国への国際協力をおこなっています。

 

一般の個人や企業が寄付をする場合の窓口は日本ユニセフ協会

またそのほかの政府間協定によらない国際協力組織ともUNICEFの東京事務所は連携して活動をしています。
良く勘違いされやすいところとして、UNICEF東京事務所はニューヨークにあるユニセフ本部の駐日事務所であるから、ユニセフに募金をするのであればこちらに寄付した方が良いのではないかというものが挙げられるでしょう。
しかし一般の個人や企業が寄付をする場合の、窓口となるのは日本ユニセフとなります。
UNICEF東京事務所では個人や日本の民間企業、それに各種の団体からの募金を受け付けている機関ではありません。
栄養の改善や安全な飲み水、衛生施設の普及等に役立てられるよう募金をして世界の子どもたちの健康や生活環境のために支援をしたいという時には、日本ユニセフ協会を通じておこなうということになります。

 

世界の子どもたちが健全に発育することが出来る環境を目指している

ユニセフの活動には世界の子どもたちが健全に発育することが出来る環境を目指していることが挙げられます。
また全ての子どもが学ぶ機会を得られるようにすることや暴力や搾取から守られること、そして安全で衛生的な環境で暮らせるようにすること、加えて人生において公平な機会が得られるようにすることを目指しているのが特徴です。
厳しい状況に置かれているすべての子どもの権利を実現するということが目標に掲げられています。
現在でも貧困や環境のために栄養を摂ることができなかったり、必要なケアを受けられずに命を落とす子どもが多くいる地域は少なくありません。
また地理的な条件や経済状況などによって教育を受けられない地域の子どもも多くいるものです。
ジェンダーや障がいのために教育を受けられないという子どもも多くいます。

 

10億人もの子どもが性的暴力やその他の暴力の被害者となっている

さらには紛争のために学校が無くなってしまったりすることもあるものです。
そのような学習機会のない子どもたちが教育を受けられるようになることを目指した活動も、ユニセフではおこなっています。
全ての子どもは暴力や搾取、虐待から守られるべきですが、10億人もの子どもが性的暴力やその他の暴力の被害者となっているといわれています。
また安全でない環境で暮らしている人たちが多くいて、安全な水を飲むことが出来ない人たちは6億6千万人もいるのが現状です。
さらに大気汚染や干ばつ、衛生設備がない環境などの問題もあります。
貧困や紛争、気候変動の影響など様々な問題のある地域もあるものです。

 

まとめ

そのような状況を改善させるための活動もおこなっているのがユニセフです。
このようなユニセフの活動を個人が支援したいと考える場合には、様々な募金方法が用意されている日本ユニセフ協会を通じて寄付するという方法があります。