外壁塗装の役割や適切なタイミングについて知っておこう

by michinari

外壁塗装をいつ、どのようなタイミングで行ったらいいのか悩んだことはありませんか。
そもそも、本当にする必要があるのだろうかと疑問に感じたことのある方もいるかもしれません。
そんな疑問や悩みを解決するために、その目的や役割、塗り替えのベストなタイミングについて以下に説明していきます。

外壁の塗り替えを行う目的と重要な役割とは

外壁塗装を行う目的の1つとして、まず建物の美観を維持することが挙げられます。
外壁の傷や汚れが目立つようになると築年数がそれほど長くない家でも古びたように見え、訪れた人にもあまり良い印象を持たれません。
機能的な面でいえば、経年劣化や風雨により痛んだ外壁を保護する役割もあります。
建物の外壁は常に強い日差しや風雨にさらされ、見た目にそれほど変化がなくても、日々ダメージを受け続けているものです。
外壁の塗り替えを定期的に行うことで劣化を防ぎ、建物の寿命を延ばすことができるのです。

外壁の塗り替えを行う適切なタイミングとは

外壁塗装を行う時期は、10年が目安とされています。
住宅の外壁によく採用されているのが窯業系サイディングボードやモルタル壁ですが、これらの主成分はセメントで、塗装することで水分が染み込まないようにしています。
塗料の耐用年数は種類によって異なりますが、おおよそ10年前後です。
この耐用年数が過ぎると、外壁に水が染み込み劣化が進行する恐れが出てきます。
外観に特に目立った変化がないからといって外壁の塗り替えを行わずにいると、外壁の劣化が進行して建物自体の寿命が短くなりかねません。
そうなれば、建物の修繕費など余計なコストが発生する可能性もあるので注意が必要です。

外壁劣化の症状と見逃せないサイン

仮に外壁を塗り替えないまま10年以上放置していると、目に見えてわかる劣化の症状が次第に現われてきます。
劣化の主な症状は次のようなものです。
変色やコケの発生など、紫外線や風雨のダメージで塗料の機能が低下することによって起こります。
特にヒビ割れやチョーキングと呼ばれる白い粉が手につくなどの症状が現われると深刻で、早急に対応しなければなりません。
以上に述べたような症状が現われてきたら外壁塗装の必要性を知らせるサインだと理解し、迷わず外壁の塗り替えを行うようにしましょう。

まとめ

外壁塗装には美観を維持する目的以外にも、外壁を保護するという役割があります。
外壁の塗料には耐用年数があり、外壁の変色やヒビ割れなどは、劣化を知らせるサインです。
そのサインを見逃さず、定期的なメンテナンスを行うことによって建物の寿命を延ばしていきましょう。