ゴミ屋敷にならないようにするためにも日ごろから気をつけよう

by michinari

「自宅をゴミ屋敷にしたくない」
「ゴミ屋敷にならないようにする方法を知りたい」
「家がいつも散らかっているので直したい」

一般的に自宅がゴミで溢れかえっている状態のことをゴミ屋敷と呼んでいます。
近年日本でも増加傾向にあり、その中でも高齢者の自宅がゴミ屋敷になるケースが非常に多く見られます。
ゴミ屋敷ができてしまうことには原因があり、それにはその自宅に住んでいる人の心理状態が大きく影響を及ぼしているといえます。
特に忙しくて心にも生活にも余裕がない人や、片付ける気力が起きない人、小さい頃から片付けの習慣がなく掃除ができない人、ものが捨てられない人にはこのような傾向があるでしょう。
定期的に掃除をしない、ゴミを捨てないと言う要因が揃うと発生しやすいことから、掃除が苦手、片付けが苦手だと言う自覚がある場合には、早めに対処を行う必要があります。

【PR】ゴミ屋敷業者

ゴミ屋敷にならないために気をつけたいこと

床が見える状態を保つようにする

ゴミ屋敷にならないために気をつけたいこととしては、まず第一に床が見える状態を保つようにしましょう。
床にものがあっても気にならない人が多く、飲んだ後のペットボトル、食べた後のカップ麺のゴミなどを、床に放り投げてしまった場合には、それが塵も積もれば山となると言う可能性が高まります。
できるだけ床にはものをおかないように意識しましょう。

燃えるゴミに関しては毎週捨てる

そして燃えるゴミに関しては毎週捨てることが大切です。
特に一人暮らしとなると、ゴミがあまり溜まっていないので、まとめてたまったら出そうと後回しにするケースが非常に多く見られます。
このあと回しがだんだんと積み重なり、ゴミをため込むようになるため、決められた曜日にゴミ出しを行うようにしましょう。
ゴミが少量であったり袋にまだものが入りそうだとしても、そのまま捨てる、ゴミ出しの日には必ず捨てる習慣をつけることが大切です。
万が一ゴミが溜まってきたとしても、燃えるゴミだけでもきちんと捨ててあれば、害虫や害獣等のリスクを減らすことにもつながります。

定期的に自宅に人を招く

そして定期的に自宅に人を招くことも良い方法と言えるでしょう。
歳をとるとコミュニケーションの機会も減り、友人が家に来ることもなくなるかもしれません。
すると部屋の掃除もしなくなり、見た目にもこだわらなくなってくることでしょう。
自分がどんなに汚い家に住んでいたとしても気にならなくなってしまいます。
ゴミに囲まれる生活でなければ不安になる精神疾患に陥る可能性もあるため、定期的に人を招くことが大切です。
近所の人でも家族の人でも良いので、誰かが家に来る習慣をつければ、そのために掃除をするサイクルが生まれます。

ゴミ屋敷にならないための整理整頓の方法

このようにいくつかの対処法があることがわかりましたが、ゴミ屋敷にならないための整理整頓の方法について把握しておくことも大切です。

ものを分類別する

その1つにものを分類別することが求められます。
どこに何があるのかがわからない、探していたら部屋が散らかってしまった、結局片付けないと言うサイクルにより出来上がるケースもあります。
まずは大きな箱などを用意して、ものを分類ごとにまとめることから始めてみましょう。
衣類を入れるもの、文房具を入れる、薬を入れるなどのように、種類により入れるものを変えることによって、ものが探しやすくなることでしょう。
整理整頓が苦手な人も多いため、きれいに並べる必要はありません。
どこに何があるのかを把握しやすくするために、そして戻しやすくすることで、きれいを保つことができます。

年に数回業者に掃除をしてもらう

そして年に数回業者に掃除をしてもらうことも1つの手段です。
忙しくて掃除の時間を作れない、また掃除自体が苦手な人もいますが、掃除をしなければ汚れていることにも慣れてしまいます。
忙しく時間がないのであれば、お金をかかるかもしれませんが、清掃業者を呼んできれいにしてもらうことも1つの手段です。
手に負えない状態で業者に頼んだ場合には、100万円近くかかるケースもあります。
清掃業者に依頼する場合には数万円で済むため、定期的に掃除を依頼することにより、高額な費用を支払う必要もなくなります。

使わなそうなものは段ボールに入れて日付を書いておく

そして使わなそうなものは段ボールに入れて日付を書いておくことも大切です。
ものが捨てられない人も多く、いつか使うかもしれない、もったいないからと言いとっておく習慣がゴミを生み出します。
そのため現在使う予定がないものはしまっておきましょう。
日付を書き、1年前のものであれば、それを開けずに捨てる方法が挙げられます。
捨てるのが苦手な場合には、大切なものとの選別ができません。
使わないものだけを貯めておき、1年間使わなければそのまま水に捨てることを繰り返せば、使わないものが溜まるのを防ぐことができるでしょう。

洋服に関してはハンガーにかけて収納する

そして洋服に関してはハンガーにかけて収納するのがお勧めです。
下にものを置き重ねておく事は悪循環になってしまうので、洋服はつるす収納を心がけましょう。

まとめ

このように様々な手段があることがわかりますが、どれもそこまで難しい方法ではありません。
ものが多かったりゴミが溜まっているところに長時間いると、心の余裕もなくなってしまいます。
掃除をしなければと言うプレッシャーは心の負担にもなるため、たまってからまとめて片付けるのではなく、少しずつでもいいので片付ける習慣をつけることが望ましいです。