日常生活で心理学を取り入れる

by michinari
この記事は以下のような人におすすめです

・彼女が欲しい
・心理学を学びたい
・日常生活で使える心理学を知りたい

心理学ときくと難しいイメージがあります。
あるいは心の中を詮索されるのではと、疑心暗鬼になり敬遠されがちです。
しかし、日常生活のなかで身近な現象も心理学が大きく影響しているのです。
たとえば、雑誌などでも取りあげられる心理テストはどうでしょうか。
占いの延長線と捉えて、より気軽に楽しめることができます。
心理テストは該当する選択肢を選ぶだけですが、おもいのほか本心をついていたりします。

吊り橋効果

もっともよく知られてい心理学のひとつに「吊り橋効果」というものがあります。
危険や恐怖などの体験を共にすると、恋愛感情が生まれやすいというケースです。
デートでジェットコースターに乗ったり、お化け屋敷に入ったりなどが挙げられます。
心理学には興味がない方でも、恋愛の指南書として「吊り橋効果」は知っているかもしれません。
このような現象が起こるのは、脳が関係しています。
実はわたしたちの脳は、恐怖で感じるドキドキと恋愛のドキドキとする感情の区別がつかないのです。
そのため恐怖のなかで感じるドキドキを、恋心の感情と受け違えてロマンスが生まれたりするわけです。
この効果がどれほど持続するのかは、はっきりわかりません。
ですが、もし告白を控えている男女がいたらおすすめしたい心理学です。

ボディタッチ

恋愛に関する効果をさらに上げるには、ボディタッチも良いです。
あざといと言われがちですが、ボディタッチは心理学的にも効果があると認められています。
有名な実験のひとつにこのようなものがあります。
図書館の若い女性職員に協力してもらい、本を渡す際にさりげなく男子学生の手に触れてもらうケースです。
男子学生はどのような印象を抱くのかという実験内容になります。
その結果、全員が若い女性職員に好意を抱いたというわけです。
しかも、手に触れられたことに気づいてない学生までもです。
にわかに信じ難い出来事ではありますが、ボディタッチの効果が証明されたのです。
好意を持っているから相手は意図的に、ボディタッチをしたのではないかと考えるせいでしょうか。
あざといと思われがちな行為ではありますが、恋愛では生かせるワザでもあります。

ミラリング

さすがに相手に触れるのには度胸がいるとおもうかたには、すぐに実践できる「ミラリング」をおすすめします。
これは恋愛面だけに限らず、仕事上など相手とより距離を縮めたい場面で活用できます。
ミラリングとは、ただ相手の真似をするだけです。
目の前にいる相手が、水を飲んだらおなじく自分も飲む。
足を組んだら、同じように自分も真似をする。
たったこれだけのシンプルなものですが、心理をきわめた方法なのです。
人間は自分と同調しているものに好印象を抱きます。
そのため、ささいなしぐさや行動が同じだと信頼関係を築くことが可能です。
できれば、真似する対象もより相手の癖を見抜いたものが良いです。
あまりにもワザとらしいと、かえって怪しまれるのでさりげなくが大切です。
恋愛で相手の気持ちがうまく理解できないこともあります。

失敗回避思考

あまりよく知られてはいませんが、「失敗回避思考」というものをご存知でしょうか。
この人に好かれたいという気持ちよりも、嫌われたらどうしようという感情が勝ってしまう現象です。
この失敗回避思考からひも解く心理は、相手の気持ちを知りえるチャンスかもしれません。
もし食事やカラオケなど席に座る機会があれば、相手の行動を見てください。
なぜなら、自分に好意を抱いているひとは正面には座らないという法則があるのです。
もし意中の相手が、あなたの正面にいなくても落ち込む必要はありません。
ちょっとした寝耳に水な情報ではないでしょうか。
避けられているわけでないのです。
これこそまさに「失敗回避思考」の影響による行動といえます。
もし好意をもっている場合は、向かって斜めに座わるケースが多いといわれています。
正面に座ったとしても身体が斜め、もしくは足の向きが斜めを向いています。
斜めの角度に好意が隠されているとは、まさか思いもしません。

二人だけの秘密

決定的に相手の距離をつめたいのであれば、心理にもとづく魔法の言葉をお伝えします。
それは「二人だけの秘密」です。
自分と相手だけしか知りえない秘密を共有すると、急激に親密度がアップします。
最終的に、ここは決めたいときに「二人だけの秘密」を用いてみるのもおすすめです。
ただ、秘密なだけあって内容も重くないものにすることも大切かもしれません。
もちろん色んなひとに「二人だけの秘密」を多用するのはおすすめしません。
万が一、多方面でおこなっていたら信頼性に欠けます。
心理スキルを活かすには正しい状況で、おこなう節度を調整するのが好ましいです。
あまりにも人の心にズカズカと踏み込むのは良くありません。

まとめ

知識をひけらかすのもおなじく避けた方が無難です。
より日常生活を楽しむステップアップの方法として使用してください。
すべての法則が必ずしも効果を期待できるとも限りません。

出典:心理学 本


ゴミ屋敷にならないようにするためにも日ごろから気をつけよう

by michinari

「自宅をゴミ屋敷にしたくない」
「ゴミ屋敷にならないようにする方法を知りたい」
「家がいつも散らかっているので直したい」

一般的に自宅がゴミで溢れかえっている状態のことをゴミ屋敷と呼んでいます。
近年日本でも増加傾向にあり、その中でも高齢者の自宅がゴミ屋敷になるケースが非常に多く見られます。
ゴミ屋敷ができてしまうことには原因があり、それにはその自宅に住んでいる人の心理状態が大きく影響を及ぼしているといえます。
特に忙しくて心にも生活にも余裕がない人や、片付ける気力が起きない人、小さい頃から片付けの習慣がなく掃除ができない人、ものが捨てられない人にはこのような傾向があるでしょう。
定期的に掃除をしない、ゴミを捨てないと言う要因が揃うと発生しやすいことから、掃除が苦手、片付けが苦手だと言う自覚がある場合には、早めに対処を行う必要があります。

【PR】ゴミ屋敷業者

ゴミ屋敷にならないために気をつけたいこと

床が見える状態を保つようにする

ゴミ屋敷にならないために気をつけたいこととしては、まず第一に床が見える状態を保つようにしましょう。
床にものがあっても気にならない人が多く、飲んだ後のペットボトル、食べた後のカップ麺のゴミなどを、床に放り投げてしまった場合には、それが塵も積もれば山となると言う可能性が高まります。
できるだけ床にはものをおかないように意識しましょう。

燃えるゴミに関しては毎週捨てる

そして燃えるゴミに関しては毎週捨てることが大切です。
特に一人暮らしとなると、ゴミがあまり溜まっていないので、まとめてたまったら出そうと後回しにするケースが非常に多く見られます。
このあと回しがだんだんと積み重なり、ゴミをため込むようになるため、決められた曜日にゴミ出しを行うようにしましょう。
ゴミが少量であったり袋にまだものが入りそうだとしても、そのまま捨てる、ゴミ出しの日には必ず捨てる習慣をつけることが大切です。
万が一ゴミが溜まってきたとしても、燃えるゴミだけでもきちんと捨ててあれば、害虫や害獣等のリスクを減らすことにもつながります。

定期的に自宅に人を招く

そして定期的に自宅に人を招くことも良い方法と言えるでしょう。
歳をとるとコミュニケーションの機会も減り、友人が家に来ることもなくなるかもしれません。
すると部屋の掃除もしなくなり、見た目にもこだわらなくなってくることでしょう。
自分がどんなに汚い家に住んでいたとしても気にならなくなってしまいます。
ゴミに囲まれる生活でなければ不安になる精神疾患に陥る可能性もあるため、定期的に人を招くことが大切です。
近所の人でも家族の人でも良いので、誰かが家に来る習慣をつければ、そのために掃除をするサイクルが生まれます。

ゴミ屋敷にならないための整理整頓の方法

このようにいくつかの対処法があることがわかりましたが、ゴミ屋敷にならないための整理整頓の方法について把握しておくことも大切です。

ものを分類別する

その1つにものを分類別することが求められます。
どこに何があるのかがわからない、探していたら部屋が散らかってしまった、結局片付けないと言うサイクルにより出来上がるケースもあります。
まずは大きな箱などを用意して、ものを分類ごとにまとめることから始めてみましょう。
衣類を入れるもの、文房具を入れる、薬を入れるなどのように、種類により入れるものを変えることによって、ものが探しやすくなることでしょう。
整理整頓が苦手な人も多いため、きれいに並べる必要はありません。
どこに何があるのかを把握しやすくするために、そして戻しやすくすることで、きれいを保つことができます。

年に数回業者に掃除をしてもらう

そして年に数回業者に掃除をしてもらうことも1つの手段です。
忙しくて掃除の時間を作れない、また掃除自体が苦手な人もいますが、掃除をしなければ汚れていることにも慣れてしまいます。
忙しく時間がないのであれば、お金をかかるかもしれませんが、清掃業者を呼んできれいにしてもらうことも1つの手段です。
手に負えない状態で業者に頼んだ場合には、100万円近くかかるケースもあります。
清掃業者に依頼する場合には数万円で済むため、定期的に掃除を依頼することにより、高額な費用を支払う必要もなくなります。

使わなそうなものは段ボールに入れて日付を書いておく

そして使わなそうなものは段ボールに入れて日付を書いておくことも大切です。
ものが捨てられない人も多く、いつか使うかもしれない、もったいないからと言いとっておく習慣がゴミを生み出します。
そのため現在使う予定がないものはしまっておきましょう。
日付を書き、1年前のものであれば、それを開けずに捨てる方法が挙げられます。
捨てるのが苦手な場合には、大切なものとの選別ができません。
使わないものだけを貯めておき、1年間使わなければそのまま水に捨てることを繰り返せば、使わないものが溜まるのを防ぐことができるでしょう。

洋服に関してはハンガーにかけて収納する

そして洋服に関してはハンガーにかけて収納するのがお勧めです。
下にものを置き重ねておく事は悪循環になってしまうので、洋服はつるす収納を心がけましょう。

まとめ

このように様々な手段があることがわかりますが、どれもそこまで難しい方法ではありません。
ものが多かったりゴミが溜まっているところに長時間いると、心の余裕もなくなってしまいます。
掃除をしなければと言うプレッシャーは心の負担にもなるため、たまってからまとめて片付けるのではなく、少しずつでもいいので片付ける習慣をつけることが望ましいです。


老人ホームに関する考察

by michinari

日本は戦後以降、この数十年で大きく様変わりしてきました。
特にライフスタイルに関しては激変したといっても過言ではありません。
アメリカに敗戦し、アメリカに追い付け追い越せの精神で国民が一丸となってこの国を立て直してきたんです。
元来日本人は規律を守り、協調性をもって他者と協力して何事も成し遂げることが得意とされています。
とくに戦時中は統制がきつく、協力体制が固く一致団結することが徹底的に教育されていました。
こうした日本人の気質が功を奏し、あらゆる産業の発展に貢献してきたわけです。

工業分野において目覚ましい発展を遂げる

なかでも手先の器用な繊細な仕事を得意とする日本人は、工業分野において目覚ましい発展を遂げました。
中小零細企業がベースとなり、ねじや鋼板など精巧で緻密な製品を量産し、それを活用して鉄道や家屋の他下水や電気ガスなどのインフラ整備などが急ピッチで再建され、気が付けば1960年代の高度成長期を迎えることになっていたのです。
高度成長期にも突入すると、飛躍的に一般国民の生活尾大きく様変わりしていきました。
今までバロックの長屋住まいで、日本家屋が一般的だったんです。
土壁や欄間があり、床の間と寝室などがふすま一枚で区分され、寝室には家族全員が雑魚寝するというのが一般庶民の暮らしでした。
そこにはプライバシーも子供部屋もなく、ただ寝ること食事する事が出来て雨露をしのぐことが出来ればいいという住まいの考え方があったんです。
しかし高度成長で、サラリーマンの年収もうなぎ上りに高くなっていくにつれ、さらに生活を豊かにしたい、住まいをもっと贅沢でゆとりあるものにしたいというニーズも必然的に高まっていきました。
そうした国民感情や高度経済を背景に、住まいの大改革が巻き起こったのです。

ニュータウンには団地がたくさん建築される

山林などを造成し宅地開発して、そこをニュータウンとして作り替えていきました。
ニュータウンには団地がたくさん建築されるようになって、団地では欧米型のスタイリッシュな生活を送れるようになったわけです。
絨毯敷きでキッチンダイニング、リビングが設けられて家族団らんのスペースや食事するところが新たに設けられました。
夫婦の寝室、子供部屋もしっかり区分されプライバシーといった価値観も生まれたのです。
まさにアメリカのような欧米型の住まいが流行し、人々は団地に住むことが憧れとなりました。
昔の戦後のように、祖父母も含む大家族で長屋の二間でプライバシーもなく着の身着のままクラスということがなくなりました。
生活の質や、文化的な生活や向上は新たな価値観も生まれることになったのです。
例えばし父母と居を別にすることで、核家族化が急速にすすんでいったわけです。
祖父母と息子夫婦の家族は完全なセパレートという新たな考え方は、老後の生活も激変させたといわざるを得ません。
長屋住まいの大家族であると、当然老いた祖父母を息子の嫁が介護し最後の日を看取るということが当たり前のようになっていました。

老夫婦で高齢者施設や老人ホームに入所したい

だが核家族化が進むと、祖父母と遠隔地に息子夫婦が住んでいることも多く、現実的に毎日老いた姑や舅を介護し世話をするということが物理的に難しくなったんです。
さらには舅や姑の方も、息子夫婦やお嫁さんに面倒や苦労を掛けたくない、老後の費用を出してもらい他たくないという遠慮する価値観が根付き始めてます。
そこで老後は親族の誰の世話にもならず、老夫婦で高齢者施設や老人ホームに入所したいと考える人も非常に多くなっているんです。
しかしながら民間の有料老人ホームとは入所するのに非常に高い費用が掛かることが知られてます。
入所前にまとまった数千万円の費用が頭金として必要になったり、月々の食費や介護費用、その他のサービス料として月額100,000円前後かかることもあるのです。
この月額費用は、人によっては受給する年金額をはるかに上回るものであり、国民年金だけの受給者であれば、けっして年金から月額費用を納めることが出来ません。

自治体の介護サービスをうまく活用する

一時期、政府によって老後にかかる一人当たりの費用は、2000万円前後の貯金が必要と言われました。
これだけの費用を貯金していたとしても、そこそこの有料老人ホームには入所できないことが簡単にわかってきます。
絶対数の多いサラリーマン家庭の老後とは、誰もが有料老人ホームには入所できず、またお嫁さんや自分の長男にも介護や世話をあてにすることもできません。
では自宅でいかに快適に、不安なく老後を送るかが現実的な問題になってくることでしょう。
それには自治体の介護サービスをうまく活用するほか、自宅を高齢の生活にマッチしたつくりにリフォームやリノベーションすることを元気なうちから始めておくことも大事です。
さらには、緊急時にどうやって警察や救急車に連絡するのか、そうしたシステムやセキュリティを自宅に備えておくことも大事なんです。

まとめ

それと同時に、もう一度地域のコミュニティや横のつながりを持つように、自治会のイベントなどに積極的に参加してみて顔見知りや友人を近くに持つように努めることも大事だといえます。

横須賀 老人ホーム紹介


ブラニュー株式会社の特徴とは

by michinari

ブラニュー株式会社は東京の港区六本木に本社を構える企業で、建設業向けデジタルトランスフォーメーションに特化した事業展開をしているのが特徴です。
また2009年の設立以来、現在に至るまでに10年以上の歴史と実績を積み重ねており、従業員数は100名規模に到達しています。
東京の本社の他、大阪や福岡に支店、名古屋に営業所、シンガポールには支社を置いているほどの存在感があります。
関連会社のブラニューメディア株式会社も、建設業界向けの事業を展開する企業で、デジタルマーケティング支援に特化しています。

ブラニュー株式会社が掲げること

ブラニュー株式会社が掲げるのは下請けからの脱却で、元請けから下請け、更に孫請けやひ孫請けで仕事を獲得するのではなく、発注者から直接的な仕事の獲得を目指す目標です。
その為にはピラミッド型の非効率な産業構造を見直し、小規模であってもできることに取り組もうというのが掲げている事業戦略です。
ポイントとなるのは個の力で、営業力を持たない企業、あるいは職人であっても消費者と繋がる手段を得ることです。
ブラニュー株式会社はこのようなスモールビジネスの課題を解決すべく、テクノロジーによるサポートをコンセプトとして、デジタルソリューションの提供に取り組んでいるわけです。
建設業界に特化したインダストリークラウド開発にも注力しているので、業界から注目を集めるのも頷けます。

建設業界が抱える問題点

この建設業界は社会にとってなくてはならないはずですが、多重的な下請構造が慣習になっていることから得られる利益が限られてしまい、人手不足に陥る状況に至っています。
現状のままでは建設業界を支える人材がいなくなってしまい、業務が行えないといった事態が発生しないとも限らないです。
大事なのはやはり現場で働く人で、業界の未来に繋がる形での産業構造の変革が急務となっています。
短期間での変革に有効なのがデジタルトランスフォーメーションで、建設業界に特化する専門的な企業となれば、そのサポートは心強くて頼りになるでしょう。
主要なサービスはいくつかありますが、代表的なものとしてはデジタルマーケティングが挙げられます。
デジタルマーケティングサービスは、ビジネスを次のステージに引き上げる為に、経営課題の解決に必要な的確な意思決定を支えるものです。
この為にデータ活用に注目して、データから企業活動のデザインや、デジタル領域のパートナーとしてのビジネス成長の貢献を約束しています。

ブラニュー株式会社の代表的な事業のCAREECON

CAREECONは、オンラインマッチングによる建設現場の人手不足解消プラットフォームで、こちらもブラニューの代表的な事業の1つです。
従来の紹介を前提とする受発注だけでなく、インターネットで仕事を獲得したり、採用や会社選びの選択肢を増やすシェアリングプラットフォームです。
会社設立の2009年からテクノロジーで建設業界をアップデートする、そのビジョンと取り組みの成果がCAREECONです。
これまでアナログだった建設業界にデジタル技術を持ち込み、IT化が進んでいない部分にテクノロジーの浸透を図っているのが、このCAREECONの取り組みです。
建設事業者同士のマッチング、現場の人手不足解消という分かりやすい目的に基づき開発が行われており、職人をスマホでネットワーク化することに成功しています。
オンラインで簡単にマッチングできるようになり、建設業界の非稼働時間を最適化する狙いが見事にヒットした形です。
紹介だけに頼る仕事の獲得には限界がありますし、非稼働時間を減らさない限りは、人手不足の現状を乗り切るのは到底難しいです。

CAREECONforWORKは施工管理担当者向けのソリューション

しかしブラニュー株式会社のCAREECONであれば、マッチングが促進されて非稼働時間が短くなり、現場で働く人達は仕事が得やすくなります。
この合理的な産業構造の変革こそがブラニュー株式会社の狙うところであって、CAREECONが建設業界のトランスフォーメーションに貢献しています。
CAREECONforWORKは、施工管理担当者向けのソリューションで、業務の負担軽減と効率化を図るものです。
建設業の施工管理担当者にとっては、データ管理や共有とコミュニケーションが大きな負担になりがちです。
これらの課題を解決するのがこのソリューションで、施工管理業務の効率化を実現するクラウド施工管理ツールとなっています。
CAREECONSitesはいわゆるノーコードタイプのWebサイト管理ツールで、スモールビジネスが苦手とするバックヤード業務、マーケティングを支えます。

まとめ

業務の自動化を目的に開発されているプロダクトですから、本当に得意なことだけに集中できる環境の構築に役立ちます。
自社でデジタルトランスフォーメーションの取り組みを行っていますが、提携やパートナー企業との協力によって、共同でデジタルトランスフォーメーションに寄与しています。
つまり1社のみの力ではなく、時に相乗的に時にチームワークで課題解決に取り組み、建設業界に貢献しているわけです。


精神障害者の施設の特徴や魅力を知っておきたい

by michinari

統合失調症や双極性障害、うつ病などの病気は、症状が悪化すると日常生活に支障をきたしてしまいます。
精神科の病院では症状が改善すると退院することが出来ますが、家族などの身内がいない場合は、一人で生活をするのは不安を感じている人が少なくありません。
精神障害を持っている人が安心して生活をしたり、社会生活に参加するために施設に入居することが出来ます。
精神障害者施設は全国にあるので、まずは電話やメールなどで問い合わせをすると良いでしょう。

統合失調症や双極性障害などの病気の特徴

統合失調症や双極性障害などの病気は、退院をすることが出来ても病気の症状が原因で、洗濯や掃除、調理、片付けなどの家事などが困難になることが多いです。
他人とのコミュニケーションがうまくいかず、仕事に復帰できるか不安を感じている人が少なくありません。
精神障害者施設には経験豊富な医療スタッフや看護師、介護士などが勤務をしているので、入浴や排泄、食事などの介助などを受けることが出来ます。
意欲や気力などが低下してしまい、入浴などの身の回りの清潔を保つことが困難になることが多いです。
入浴や着替え、排泄などの介助をしてくれるので、安心して生活をすることが出来ます。
信頼できるケースワーカーや看護師などの医療スタッフが在籍をしているので、日常で困っていることや悩みなどを相談すると良いでしょう。
うつ病や双極性障害、統合失調症などの精神疾患は、一般的な病気に比べると治療期間が長引く傾向があります。
精神疾患が原因で再就職がなかなか出来なかったり、薬代や治療費が掛かるので悩んでいる人が多いです。
精神障害者は地元の役場や市役所などで自立支援医療の申請をしたり、障害年金の相談が出来るので家族と一緒に足を運んでみると良いでしょう。

まずは医師や市役所の職員に相談をしてみる

自立支援医療は障害者手帳を持っていなくても、審査を受けることが出来るので、まずは医師や市役所の職員に相談をしてみることが大事です。
薬代や治療費などを1割負担にしてもらうことが出来るので、経済的な負担を減らすことが出来ます。
精神の障害年金は重い順番から1級、2級、3級があり、2級以上の場合は一定の金額を受け取ることが出来るのが特徴です。
すぐに仕事に復帰が出来ない場合でも、障害年金を受け取ることで安心して生活が出来ます。
精神疾患で治療を受けているけれど、症状がなかなか改善しない場合は、障害年金の受給を検討してみると良いでしょう。
住んでいる地域の信頼できる社会保険労務士などに相談をすることで、審査に通りやすくなります。

精神障害者施設で有名なグループホームの特徴

精神障害者施設にはグループホームが有名ですが、比較的少人数になっており、アットホームで落ち着いた雰囲気が特徴です。
以前は精神疾患に偏見を持っていた人が多かったですが、現代は多くの著名人も病気に罹る人が増えており、職場や学校、家庭でも理解を得やすくなっています。
グループホームに入居をするためには精神障害者手帳などが必要なので、事前に用意をしておくことが大事です。
なるべく自宅から利便性の高い立地のグループホームを選んでおくと、家族や親戚などの身内と会うことが出来ます。
病気の症状が改善してくると仕事に復帰をしたい人が多いです。
長い間仕事をしていないと不安を感じている人が多いですが、グループホームでは仕事をすることが出来るので、自信が持てるようになります。

症状が良くなって社会復帰が出来る人が多い

精神疾患に罹る人は増加傾向にありますが、現代は優れた医薬品が開発されているので、症状が良くなって社会復帰が出来る人が多いです。
良くなったり、悪くなったりを繰り返すことで、少しずつ症状が安定してきます。
病気が原因で意欲や気力が減退していた場合でも、少し回復してくると仕事や家事、学業などに復帰が可能です。
グループホームは幅広い年代の患者が入居をしているので、孤独を感じることなく生活をすることが出来ます。
入居者と会話をしたり、交流を持つことで社会性を身に付けることが出来ますし、コミュニケーション能力を高めることが出来ます。

グループホームの選び方

グループホームを選ぶ時はあん福祉会のように電話や受付の応対が丁寧だったり、清潔で明るい雰囲気の所がお勧めです。
精神科で入院をしている患者や家族などは、退院後の生活に不安を感じている人が少なくありません。
家族の協力を得られる場合は問題はありませんが、仕事や介護などで忙しくしていると、なかなかお世話が出来ないことがあります。
お世話をしている家族も不安や悩みを相談することが出来るので、まずは電話で問い合わせをすると良いでしょう。
患者の性格や個性に合った施設に入居をすることで、社会性を高めたり、家事などをこなせるようになります。
精神疾患は患者にとっては大変辛い病気ですが、お世話をしている家族や配偶者も同様に大変です。

まとめ

グループホームに入居をすることで、家事などのサポートをしてくれます。
退院が決まっているけれど、一人暮らしをするのは不安を感じている場合は、まずはスタッフに相談をすることが大事です。