光熱費は自分で見直しをする事も重要

by michinari

光熱費の見直しで気づくことがある

光熱費は自分で見直しをすることも出来るようになっていますから、今の光熱費は常にチェックをして不満があるような事があれば、電力会社を変更するという事を考えたりするのもいいでしょう。

電気の使い方も考え直して、やすい夜の電気を使うという事が出来ないのかを検討したり、更には太陽光発電などの事も考えたりして、効率的且つ効果的な方法を検討するという事は当然すべきでしょう。

それが節電などの意識にもつながり、ひいてはエコにもなり世界の環境保全の考え方にも役に立つかもしれません。

特に日本は世界でも以上に高い光熱費になっているわけですから、このことはしっかりと吟味をしておく必要があります。

不当に高い値段をつけられていないのかという事を監視するというわけです。

そして、この監視には今では大きな意味を持たすことが出来るようになったという事もある。

というのは、何かおかしな事があればそれをTwitterやブログなどに投稿して、此処がおかしいという事を意見を世間に対して言える場が出来たという事も意味があります。

というのは、これで場合によっては政府すらも動かす事が出来ることも考えられるのです。

昔に保育園の不足を嘆いたブログ記事の投稿が大きなニュースとなり、政府が動くということにまで発展したという事は誰もが知っている所でしょう。

こうした事が出来るのが今の時代という事です。

光熱費に対して疑問を持つことも必要

高い光熱費というのは生活を圧迫することになりますから、ここに問題があるという事になれば、世間からの共感も得やすいという事になり、自分の意見が政府に届くことも十分にあるというわけです。

例えば火力発電だけでは不安なので他の発電方法も検討すべきという投稿をするのもいいでしょう。

これは既に言われていることなので、一つの意見だけでは政府が動くことは無いでしょうが、これが膨大な数投稿されたということになれば、これは政府も注目するしかありません。

多くの人に関係することですから、慎重に対応するのは当然ですが、何かの動きが出てくる事で事態が改善していく事は大いに考えられる事になります。

つまり、何をしても無駄という環境では無いというのが今の社会状況だという事出もあるわけです。

昔であれば、このような事は考える事もできませんでした。

電力会社の指定通りに料金を払うという事しか出来なかったのですが、今は様々な方法で自分の意見を述べるという事が出来るようになっているわけですから、こうしたものを活用しない手はありません。

その為には、光熱費の事をしっかりと知る必要もあるわけです。

何故このような値段になっているのだろうというように不思議に思う事もあるでしょう。

世界的に高いという事であれば、何故そうなるのかという事も検討材料として考える事が出来るようにもなるはずです。

例えば再生可能エネルギーの為の費用も今の光熱費には含まれているという事も分かりますし、ほとんどが火力発電による電力供給でその為に燃料代が高くなるので、値段が高いという事もわかるはずです。

ですが、分からないところも多々出てくるので、その分からないところを追求していけば良いという事になるわけです。

電力自由化で選択できる時代になった

例えば何故火力発電しかしないのか、他の発電方法は無いのかという事も検討すればいいのにというように言えばいいわけで、これについては深い知識が必要になるという事でもありません。

ただし、情報発信をするという事は、それに対して世間からは反応が来るという事も知っておく必要があります。

自分もそう考えるという同意ばかりでは無く、それはちょっと考え方が違うというような反対意見も来るかもしれませんから、それについては備えておく必要もあるでしょう。

ですが、別にそんなに怖がる必要はありません。

根拠がしっかりとしていれば、この根拠なのでというように言えばいいだけですから、別に批判を恐れる必要は無いのです。

むしろ、自分が何もしない事で問題であるこの状況が変わる事が無い事の方が問題だと考えても良いかもしれません。

行動をする人は、さまざまな影響を世間に対して与えることにもなるので、それなりに批判される事もあるのです。

そうした批判は社会に出れば、当然ある事ですから、それは受け止めるしかありません。

むしろ社会にでて何も言わないという事の方がおかしいわけで、自分の意見は自分の考えで言うという事をしていれば、特に問題となる事でもありません。

こうした、自分の意見をしっかりというという人が増えることで、世の中は全く違ったものとなると考えていいでしょう。

すると、料金の値上げなども簡単に出来なくなります。

というのは、当然多くの人が批判をすることになりますから、それによって電力の供給会社は自社のイメージが悪くなり、事業に支障をきたすことも考えられるからです。

今は電力自由化も始まって企業を選択する事も当たり前になって来ている時代です。

選択の自由は企業の横暴を抑えることにもなるので、大きな意味があるのです。

 

出典元:エスコシステムズ口コミ


全保連が解説!家賃滞納したらどうなるの?

by michinari

賃貸物件

↗️家賃滞納問題について全保連がわかりやすく解説

もし支払わなければならない家賃を滞納してしまったらどのような事になるのでしょうか。
まずは家主か管理会社から電話などで連絡が入ります。

家賃は振り込みあるいは口座引き落としにしていることが多いのですが、たまたま口座の残高が少ない、またはうっかりして期日を忘れていたなどの場合は、家主や管理会社もそれなりに考慮してくれる可能性が高いですので、とりあえず督促は電話連絡というかたちをとられることが多いでしょう。

このとき、もしすぐに払えるのであれば、きちんと謝罪しできるだけ早く、支払うようにしましょう。

もし滞納が初めてでしたら連絡後支払うことでおさまりますが、その後も何回か遅れることがあるようでしたら、家主や管理会社から直接会って話し合いたいという提案をされることがあります。

さらに支払契約書にサインを求められる場合もあるようです。
電話連絡後も、支払った形跡がないようなら、今度は書面で通知がきます。

内容証明郵便で、未払い家賃の督促および賃貸契約解除の通知が届くことになります。
具体的な文面としては、何日までに支払ってください、または何日以内に支払いがない場合には賃貸契約を解除しますといった具体的な内容です。

↗️内容証明郵便とは?

内容証明郵便というのはどのような内容の文書をだれからだれに出したかをはっきり証明する役割を持っており、裁判になった時などに効力を発揮します。
一週間ほどの遅れであれば普通郵便で届くこともありますが、数回遅れ、内容証明郵便で督促が届いた場合にはかなりの危機感を持って対応すべきです。

それでもなお家賃が支払われないときには、今度は連帯保証人のところへ連絡が入ります。
連絡も電話連絡だけではなく同様の督促状が届きます。

これら家賃の支払い督促と賃貸契約解除の通知をしても何ら連絡がなく期限内の支払いがなかった場合には、明け渡し訴訟まで発展することもあります。
訴訟を起こされた場合、まずは家賃を支払いそのうえで退去することになります。

もしこの命令に従わなければ強制執行の手続きが進められます。
保証人に全保連などの家賃保証会社などを利用しているときには、特に取り立ては厳しくなりますので、十分注意して支払うことが大切です。

最近では親や兄弟に連帯保証人になってもらうよりも家賃保証会社を利用する人が増えています。
その場合には家賃を滞納すれば、家主ではなく間に入っている家賃保証会社から連絡や督促がくることになります。

↗️保証会社の取り立てが厳しい理由について

家賃保証会社の場合、家主や管理会社よりも非常に厳しい対応になります。
なぜ保証会社の方が取り立てが厳しいかというと、保証会社は家賃対応時には立て替え払いをしなければならないからです。

これを代位弁済といいますが、本人から回収できなければ会社そのもののダメージになりますので、いっそう厳しい取り立てをおこなうのです。
最近ではこの取り立てが限度を超え、かなり強引であったり追い出し行為などに及ぶこともあり、社会問題になったこともすくなくありません。

国土交通省の調査でも、勝手に鍵を交換された、あるいは留守の間に荷物を持ち出されたなど、高額な違約金を請求されたなど被害が多く報告されています。

家賃滞納は確かに問題ですが、ここまでの行為は法律にも引っかかる可能性がありますので、保証会社選びは慎重におこないましょう。
一般的は3か月以上の滞納があれば貸すほう借りるほう双方の信頼関係が崩れたと判断され、明け渡しの必要が生じる可能性が高いです。

予告なしの強制撤去こそありませんが、あまり気楽に考えていないほうがよいでしょう。

↗️交わした契約書をよく読むことが重要

まずは始めに交わした契約書をよく読むことが重要です。
そこにはどのような状況であれば退去になるのかなどがしっかりと記載されています。

それぞれの契約によって若干内容も変わりますので、漠然と契約を交わすだけでなく、普段からしっかり読む習慣をつける必要もあります。
もし、何らかの理由で家賃滞納をしてしまい不利になった場合でも、この契約書に基づいて対処すれば訴訟などを防ぐことができることも多いです。

ただ時にはどうしても家賃の支払いができない、あるいは遅れそうだと事前にわかっている場合もあるでしょう。
そのようなときには黙って滞納するのではなく、前もってきちんと状況や理由を説明し、報告しておくことも必要です。

家主や管理会社もだれも好き好んでもめることはしません。
できれば速やかに払ってほしいし、穏便に済ませたいのが本音です。

ですのでどうしても家賃を滞納してしまう時には事前に正直に連絡しましょう。
その場合、ただ漠然と払えないというのではなく、こういう理由で遅れるが、何日までには必ず払う旨を告げることが重要です。

急な入院などで長期に支払いが滞るときなどは、必ず連絡するようにします。

また家賃保証会社を利用している場合で滞納しますと、個人信用情報に記録が残ってしまい今後不利益が生じることがありますので、特に注意が必要です。


東北大震災とオリンピックとLED照明の関係

by michinari

発光ダイオードを使用したLED照明

LED照明は発光ダイオードを使用した照明器具です。

発光ダイオードとは電気を流すと発光する半導体です。

発光率が高いため電力をあまり使わずに済み低消費電のうえ、従来からある白熱電球のように度々交換するような手間が省けることから重宝がられ現在では、照明器具の主力商品となっています。

川中商事曰く、その寿命は約10年から15年ともいわれます。

LED照明が販売され始めた2009年ころは電球が約6,000円から7,000円と高価でしたが普及に伴って現在では約500円から1,500円と低価格になっています。

コンビニエンスストアでもプライベートブランドとして売り出すほどの身近な商品となっています。

2009年の「新成長戦略基本方針」での閣議決定において2020年までにLEDや有機ELなどの次世代照明の100%化の実現の方針が示されています。

この背景には家庭からのCO2排出量削減があります。

照明器具の消費電力量は、エアコンや冷蔵庫に次いで第三位となっていて家庭全体の1.5割近くを占めています。

そこで21世紀の明かりとしてLEDが期待されています。

LED照明をビジネスにしている川中商事も、今後のLEDに期待しているようです。

LEDは発熱量が少ない特徴もあり空調の邪魔になりにくいといったこともあります。

LED照明には大きくわけるとLED照明器具とLEDランプがあります。

LED照明器具は器具とLEDの光源が一体化していて器具事交換して設置するもので、ランプだけを交換するものではありません。

シーリングライト、オフィスなどで使用するベースライト、廊下やトイレ等で使用するダウンライト、また防犯灯などがあります。

LEDランプは既設の従来型の照明器具を活かして光源部分をLEDに換えるものです。

このLEDランプの中でも電球形LEDと直管蛍光灯形LEDランプとあります。

電球型は白熱電球を使っていたところをそのままLED電球に換えることができます。

直観蛍光灯型ですが、既存の蛍光灯は安定器を使用していますので、そのまま使用できません。

安定器を切断するなど改造が必要ですので業者に頼むか、器具ごと交換することをお勧めします。

LED電球の効果

川中商事の発表によると2020年を想定して1年間に製造されたLED電球を最後まで使った場合白熱電球と比べ745万トンの二酸化炭素の排出削減が期待できるとされています。

電気代で比べてみても白熱電球を1年間使用した場合約4,500円に対しLED電球を1年間使用した場合の電気代は約600円です。

家庭の電気代も消費電力も二酸化炭素排出量も抑えられるまさに「21世紀の灯り」といえます。

また「日本再生戦略」の閣議決定では2020年までに公的設備・施設のLED等の高効率照明の導入率100%達成の方針も示されています。

この背景には2011年3月11日に起きた東日本大震災があります。

この震災で東北はもちろん日本全国が大打撃を受けました。

その打撃の一つに電力供給逼迫が挙げられます。

計画停電により、首都圏での家庭への電力供給が制限されたり、工場が生産ラインをストップしたりと日本経済に大きな停滞をもたらしました。

政府はこれをふまえ、なるべく電力を使わないLEDへの転換を急いだのです。

工場で使用できるLED工場照明については現在「JISZ9152屋内作業場の照明基準」に基づいた工場の種類を分類されており、その工場の種類によって簡単に選べるような電気会社のホームページが設けられています。

工場の種類を選ぶと、工程と最低必要照度と推奨性能が表示されますので、工程の種類によって、必要照度×工場の工程場所の広さを計算すれば必要な照度ど性能を導き出すことが出来ます。

政府は補助金を支出するなどの形でLED普及支援を強化しています。

自治体が主体となり事業を展開し、それに補助金が使われます。

例えば防犯灯設置等補助金はLED防犯の設置を行う自治会等地域団体が対象で対象事業費の2/3(上限36,000円)となっています。

川中商事の今後のビジネス活動について

LED関連の補助金についてはインターネット上で調べることができます。

各都道府県を選択し、市区町村を選択するとその市区町村で補助金を受けられる事業と補助金額、問い合わせ先が表示されます。

2020年を目安にしているのは日本での、東京オリンピック・パラリンピック開催を踏まえてのことです。

東京オリンピック・パラリンピックではLED照明機器が本格的に競技施設に使われます。

その使用場所は競技場をはじめ、屋内、屋外施設多岐にわたります。

LEDにより従来より50%の省エネを目指し、長寿命を活かしたメンテナンスの負荷が軽減されると期待されています。

屋内競技場や、スタジアム照明では世界大会基準が決まっています。

この明るさ確保はもちろん、均一でムラやチラつきがない光源により選手に最適な照明環境の整備が可能となっています。

スポーツ照明というジャンルがあり、オーダーメイドで灯具を設置することもできるようになっています。

 

あわせて読みたい

川中商事