アパート買取で資産を増やす

by michinari

老後に資産運用をする方法としてアパート経営があります。
自分がアパートのオーナーになることができれば、アパートに入居している人からの家賃収入を得ることが出来、それで資産を増やしていくことも可能だからです。

アパートの資産運用は思い通りに進んでいかないことがほとんど

ですが資産運用のためにアパートを建てればその建てた分のローンも支払わなければならないですし、年月がたてば補修なども必要になってきます。
ですから思い通りに進んでいかないことがほとんどです。
けれど、最初から自分がアパートを建てるのではなく、途中で誰かから引き継ぐ感じであれば多くのローンを抱える必要もないですし、利益も出やすいです。
特に古いものをアパート買取りしてリノベーションやリフォームで対応するのであれば、ローンを組んだとしてももっと早くに返済でき、利益を出すこともできるものです。
なので買取にも注目してみましょう。

建物の良し悪しというのは見た目で判断するのは難しい

しかしながら、建物の良し悪しというのは見た目で判断するのは難しいです。
見た目が綺麗で購入したものの、実際に住んでみたら住みにくく粗が見えてきたという話はよくあるものです。
建物の悪い部分や粗は建物を建ててから数年ですべて出るともいわれますが、そうでないことも多いので、欠陥のある建物でないかどうかも確認しておくと良いでしょう。
また、自分が建物を見極める力というのも必要です。
売れ残りの建物やなかなか買い手のつかない建物程業者も早く売りたいと思うものですから、うまく言いくるめられないようにすることが大事です。

自分の詳しい土地や地元で見つけるのが好都合

お買い得な物件は通常すぐに売れてしまうものですし、狙っている人は多いからです。
なので全く分からない土地をお勧めで購入するのではなく、買取したいと考えるのであれば、自分の詳しい土地や地元で見つけるのが好都合です。
地元や詳しい土地であればどれくらい人気の合った物件か、どれくらいに建てられた建物なのか、立地はどれくらい良いのかも自分である程度把握できることも多いでしょう。
物件というのは一度購入したら手放すのは大変ですから、慎重になることが大切です。
また、家賃収入が見込めそうでも、自分の預金に余裕を持っておくことが大事です。

まとめ

入居してくれた人がいたとしてもその人がちゃんと家賃を支払ってくれるかどうかもわかりませんし、場合によっては滞納してしまう可能性もあります。
ですから自己資金に余裕がある状態になってから物件を探したり、実際に買取するのが良いですし、経営をしていくのも良いでしょう。


外壁塗装の役割や適切なタイミングについて知っておこう

by michinari

外壁塗装をいつ、どのようなタイミングで行ったらいいのか悩んだことはありませんか。
そもそも、本当にする必要があるのだろうかと疑問に感じたことのある方もいるかもしれません。
そんな疑問や悩みを解決するために、その目的や役割、塗り替えのベストなタイミングについて以下に説明していきます。

外壁の塗り替えを行う目的と重要な役割とは

外壁塗装を行う目的の1つとして、まず建物の美観を維持することが挙げられます。
外壁の傷や汚れが目立つようになると築年数がそれほど長くない家でも古びたように見え、訪れた人にもあまり良い印象を持たれません。
機能的な面でいえば、経年劣化や風雨により痛んだ外壁を保護する役割もあります。
建物の外壁は常に強い日差しや風雨にさらされ、見た目にそれほど変化がなくても、日々ダメージを受け続けているものです。
外壁の塗り替えを定期的に行うことで劣化を防ぎ、建物の寿命を延ばすことができるのです。

外壁の塗り替えを行う適切なタイミングとは

外壁塗装を行う時期は、10年が目安とされています。
住宅の外壁によく採用されているのが窯業系サイディングボードやモルタル壁ですが、これらの主成分はセメントで、塗装することで水分が染み込まないようにしています。
塗料の耐用年数は種類によって異なりますが、おおよそ10年前後です。
この耐用年数が過ぎると、外壁に水が染み込み劣化が進行する恐れが出てきます。
外観に特に目立った変化がないからといって外壁の塗り替えを行わずにいると、外壁の劣化が進行して建物自体の寿命が短くなりかねません。
そうなれば、建物の修繕費など余計なコストが発生する可能性もあるので注意が必要です。

外壁劣化の症状と見逃せないサイン

仮に外壁を塗り替えないまま10年以上放置していると、目に見えてわかる劣化の症状が次第に現われてきます。
劣化の主な症状は次のようなものです。
変色やコケの発生など、紫外線や風雨のダメージで塗料の機能が低下することによって起こります。
特にヒビ割れやチョーキングと呼ばれる白い粉が手につくなどの症状が現われると深刻で、早急に対応しなければなりません。
以上に述べたような症状が現われてきたら外壁塗装の必要性を知らせるサインだと理解し、迷わず外壁の塗り替えを行うようにしましょう。

まとめ

外壁塗装には美観を維持する目的以外にも、外壁を保護するという役割があります。
外壁の塗料には耐用年数があり、外壁の変色やヒビ割れなどは、劣化を知らせるサインです。
そのサインを見逃さず、定期的なメンテナンスを行うことによって建物の寿命を延ばしていきましょう。


純金積み立てを選ぶ理由は?注意すべきことって?

by michinari

投資には様々な種類がありますが、昨今は金投資に興味を抱いている人が増えているようです。
ゴールドの価値が高いことは広く知られているところで、投資対象として気になる人が多いのも自然なことと言えます。
ただ、だからといって現物のゴールドを買うのは気が引けるものですが、そこで利用されることが増えているのが純金積み立てです。

無理なく始められる

選ばれる理由はいくつかあり、まず無理なく始められることがひとつです。
最低1,000円からはじめられるため、あまり大きな資金を投じたくないという人でも気軽にスタートすることができます。
もちろん金額を上げることもできますので、大きな利益を狙いたいという場合は余力を費やすのもおすすめです。
各自の希望に合わせて行うことができるために無理が生じにくいですし、初心者でも安心してはじめられるのではないでしょうか。
現物を管理する必要がないため、安心感を持てるという良さもあります。
例えばゴールドを現物で購入する場合ですと、その管理に頭を悩ませてしまうものです。
盗難や火災などのトラブルも心配しなければいけませんので、精神衛生上あまり良いものではないでしょう。
その点、純金積み立ては運営会社が管理しますので、トラブルに見舞われてしまう心配がないです。

特定保管を実施している会社を選ぶ

なお、運営会社が倒産してしまった場合のリスクも気になるところですが、特定保管を実施している会社を選ぶようにすれば、そうした心配は無用です。
特定保管は、運営会社の資産や顧客の資産を区別して保管する仕組みですので、仮に倒産が起こったとしても資産はしっかりと守られるのです。
ただ、手数料が高く掛かったり、実施している会社があまり多くなかったりします。
特定保管を利用しない場合は、消費寄託というかたちになりますが、運営会社の信頼性で選ぶようにすれば、それほど大きなリスクに晒されることはないはずです。
もし心配があるようなら、先に紹介をした特定保管を選ぶのが無難と言えます。

ドルコスト平均法による積み立て

ドルコスト平均法による積み立てのため、変動リスクが小さくて済むのもメリットです。
これは、金価格が高い時は購入量を少なくし、金価格が安い時は量を多くするというものですが、これによって購入価格が平均化されます。
価格変動のリスクが低くなりますので、大幅な損失を回避することができ、安心をして積み立てを行えるというわけです。
とはいえ、万能なわけでもないため、良し悪しをしっかりと理解しておくことが必要でしょう。
比較的、安全性が高い投資と考えられているのも純金積み立てが選ばれる理由です。
金相場は極端に変動することが少なく、大きな損失が生まれるリスクが低いとされています。
投資をする上で怖いのが、やはり損をしてしまうことですので、安全性に優れている純金に注目が集まるのは必然とも言えるでしょう。

現物化ができる

現物化ができる魅力があるのも純金積み立ての良いところです。
もちろん、現物にできるだけの重量が必要となりますが、積み立てを続けることによって、将来的に形のあるゴールドを持てる可能性があるのです。
また、ゴールドの原料を買うわけですので、色々な形に現物化することが可能であり、例えばジュエリーや金貨といった姿にして持つことができます。
形にすることで所有感を得られますし、実感を持ちたい人にとって魅力のあるシステムとなるでしょう。
純金積み立てにはこうした良さがあり、初心者からも選ばれることが増えています。
しかしながらメリットばかりではなく、注意したい部分もありますので知っておくようにしましょう。

長期的な目線で利益を目指す必要がある

基本的には長期的な目線で利益を目指す必要があるのがデメリットと言えます。
金相場は変動リスクが小さいという良さがありますが、逆に言えば利益を得られるチャンスが少ないということです。
短期間で利益を出すには、かなりの投資額を費やさなければならず、積み立てでコツコツと利益を目指す方法ではあまり大きなプラスを生むことはできません。
長いスパンで考えることができる人向けの投資であり、大きな資本がある人を除き、短期間での利益を目指す人にはあまり向いていない方法と言えるでしょう。

積み立て手数料が必要になる

積み立て手数料が必要になるのも注意点のひとつです。
手数料は運営会社によって異なりますが、それでも毎回の買い付け時にいくらかのコストが掛かりますので、それを重ねていくと大きな金額となるでしょう。
利益や利回りを計算する際には考慮しなければいけませんし、思ったよりもプラスにならないこともあるかもしれません。
しかしながら手間なく投資を楽しむことができ、なおかつ安全性も高い投資なわけですので、コストを掛けてでも検討してみる価値があるのではないでしょうか。

まとめ

投資は初心者からすれば不安を感じるものですが、純金積み立てならば比較的チャレンジをしやすいはずです。
開始タイミングが早ければ早いほど、利益を得られるチャンスも近づきますので、何か投資をはじめたいと考えている人はチェックをしてみてはいかがでしょう。

 

※参考になるサイト・・・株式会社ゴールドリンクの口コミ


バンコクの新築物件をお探しなら

by michinari

不動産の情報は、不動産店で調べることができますが、より手軽に探すのであればインターネットの不動産情報サイトをチェックしてみることがおすすめです。

時間を気にせず、いつでも好きなときに検索できますし希望の条件で絞り込んで検索することもでき、効率よく理想の物件が見つけられるのも便利です。

 

バンコクの不動産の情報を紹介しているサイトをチェック

国内のサイトでは、日本国内の不動産の情報が満載ですが、海外の情報も調べたいという人も多いのではないでしょうか。

海外に住む日本人も実に多く存在しますが、それぞれの国によって物件の情報は違いがあります。

バンコクにも、多くの日本人が生活していますが海外出張や転勤などでバンコクへ移住することを予定している人もあると思います。

物件は中古からも探すことができますが、気持ちよく生活するのであればやはり設備も最新のものが用意されている新築物件がおすすめです。

バンコクの情報を探すとなると、海外サイトを利用するのかということになりますが言葉の問題などでうまく探せないという人もいます。

そんな場合は、国内で、バンコクの不動産の情報を紹介しているサイトを活用してみることがおすすめです。

参考→バンコク 新築物件 家賃

 

できるだけ治安の良い物件を見つける

海外で新築物件を探す場合もやはり立地の良さは大事です。

安心して生活をするには治安の良さが大事ですので、できるだけ治安の良い物件を見つけていきましょう。

そして、普段の生活を快適にするためには、食事が大切ですので近くにスーパーや飲食店があるかをチェックしておきましょう。

初めて海外で生活をする場合は、近くに日本人がいると安心感もあります。

海外での生活に慣れていないという人は日本人が多く住むエリアを選んでみてはいかがでしょうか。

さらに、駅からの距離や医療機関の有無、娯楽施設などが充実しているかも調べておきましょう。

交通の便が良いということも大事ですので、駅からの距離なども確認しておきたいところです。

単身者やカップル、家族など生活する人数によっても選ぶ物件は変わってきますので、間取りや部屋数もチェックしておきましょう。

 

セキュリティの良さも重視したい

そして、安心して暮らすためにはセキュリティの良さも重視したいので、どのような対策が取られているのかも調べておきます。

初めて、海外で不動産の契約をするとなると、わからないこと難しいことも少なくありません。

こんな場合も日本人スタッフのサポートがあればよりスムーズな契約が期待できます。

バンコクの不動産を紹介する業者を選ぶ場合はサポート体制が万全であるかも調べておきましょう。


ローベッドでお部屋を広く見せる

by michinari

お部屋のインテリアにこだわって家具を買いそろえたり配置を考えたりするのは楽しいものですが、だんだんモノが増えてくると窮屈に感じられ、くつろげなくなってしまいます。

中でもベッドは、広い面積を占めるのでお部屋を狭くしてしまう主原因となっています。

ただ、最近は狭いスペースに置いても広々と感じられるタイプのベッドが出回っており、人気を集めています。

それがローベッドです。

 

ローベッドの特徴

ローベッドはその名の通り「低いベッド」のことですが、高さが何センチメートル以下ならそう呼ぶかといった明確な定義があるわけではありません。

ただし、それぞれの製品に共通する基本的な特徴があります。

それは、脚がないことです。

通常は木やグラスファイバーなどでできた箱型のフレームを直接床に置き、その上にマットレスを敷いて使用します。

脚がない分、通常のベッドよりもおおよそ10~30センチメートルほど丈が低くなります。

この低さによって、ローベッドはお部屋を広く感じさせてくれます。

 

全体的に開放感が強まる

普通のベッドに比べると視線がさえぎられないため、全体的に開放感が強まります。

立って室内を眺める場合はもちろんですが、床に直接座って暮らす場合、普通なら目の高さとほぼ同じ位置に来るはずのベッドがずっと低い位置にあるので、空間の広さを実感します。

タンスなど、その他の家具も丈の低いタイプに統一すると、その効果はいっそう強くなります。

見た目の印象だけでなく、実用面におけるメリットもあります。

それは、床との段差が小さくなることで、たとえば子供が転落事故を起こしても大きなケガにつながりにくいことです。

高齢者の場合も、事情は同様です。

また、布団で寝起きする生活が長かった高齢者がベッド暮らしに移る場合も、天井との距離感に大きな違いがないため落ち着いて寝られるという利点もあります。

 

ローベッドは価格が安めになるのでお得

さらに、ローベッドは脚がないため普通のベッドよりもパーツが少なくて済み、総じて価格が安めになるという特徴があります。

また、パーツが少なければ処分も楽になるので、経済的なメリットもあると言うことができます。

さまざまなメリットを持つローベッドですが、デメリットもあります。

それは、フレームをじかに床置きするため普通のベッドより通気性が低く、湿気がこもりがちになるということです。

また、床との距離が近いため人によってはホコリが気になることもあります。

そのため、使用する時はお部屋をこまめに掃除するよう心がける必要があります。