日本クレアス税理士法人を活用するメリット

by michinari

税務・会計の問題解決に!

日本クレアス税理士法人は、会計・税務を中心に新規の企業から知名度のある大企業まで全力でサポートしている企業です。

月次決算・税務顧問については600社以上にも及ぶ取引実績があります。

実績の豊富さと経験をもとに企業に所属する担当者が日々取り組んでいます。

所属している税理士は、全国から選ばれた精鋭たちでありスタッフそれぞれが依頼する一人ひとりに合わせた形で最適な提案ができるよう配慮しています。

そのため、信頼性は極めて高いです。

主な業務内容としては、法人に関連する税務や会計分野では節税対策や各種税務申告に関連した助言を行い、さらにはM&A・組織再編・国際税務などに関連した高度な専門知識が必要な相談にも対応できることで人気です。

給与計算アウトソーシング事業も行っています。

この事業では、給与担当者の退職や休職によって引き継ぎが困難であるときや保険料駆除などに関する間違いが多い状態である場合に、活用することで問題解消できます。

税務や会計の分野でセカンドオピニオンを目的とする場合にも日本クレアス税理士法人の活用が選択肢となりやすいです。

セカンドオピニオンは医療分野でよく目にする言葉ですが、それは税務や会計分野も例外ではありません。

税務を専門とするアドバイザーは基本的になんでも税務に関して知っていると考える傾向がありますが、依頼している専門家だけではなく複数による意見をもとに判断をしたほうが、確実に企業に対するリスクを回避することができやすいことは確かです。

 

様々なサービスやサポートを行っている

セカンドオピニオンの依頼だけであっても、日本クレアス税理士法人を活用できます。

提供するセカンドオピニオンの業務は、既に提携している税理士の職域を侵害することなくその税理士とともに会社をよりよくできるように貢献していますので、安心して依頼することが可能です。

セカンドオピニオンの有効性に関しては、税務顧問・法人税・所得税・相続税などといったさまざまな部分を確認していきます。

これによって、既存の会計事務所だけでは不足している部分を指摘しそのうえでうまく補う事が可能です。

税務調査の立ち会いサービスも提供しています。

税務調査に強い税理士法人であることも大きな強みです。

税務調査の対応では、事前打ち合わせや当日の立ち会いだけではなく国税局との折衝までをサポートしてくれます。

具体的なサポート内容はまず事前打ち合わせでは、調査が来る日の前に論点となる項目をヒアリングすることによって重点項目の洗い出しを行うことで、調査日に備えます。

税務調査の一連の流れは、事前打ち合わせのときにきちんと分かりやすく説明していき調査を行う当日の対応の仕方およびその日に用意する資料の整理などを行い対応を万全にする仕組みです。

調査日当日においては、税務調査当日の立ち会いのほか窓口の対応や交渉にも対応します。

さらに、事前連絡なしでの調査や反面調査などといった調査方法にもしっかりと対応することが可能です。

調査が終わった後には、税務局を交渉しながら納税する金額をできるだけおさえる方法を日本クレアス税理士法人の担当者が提案し、早期に問題を終わらせるため依頼者にとって最適な方法を提案していきます。

もし何らかの修正を必要とした場合にも早急に対応することが可能です。

 

法人にも個人にも活用しやすい

税務調査だけではなく、一度すでに税務調査を行ってそのときに再調査が必要となった場合にも、相談することで対応できます。

ただ、このサービスを利用するときには依頼する側に覚えておくべき点もあります。

まずは当然ながら、脱税などの法的違反に関わる相談に関しては一切受け付けていませんのでここは留意します。

これは、信頼性を持ったサービスを一貫して提供し続けるようにするためです。

ですので、記帳・申告書の作成を行う必要があるときに記載する内容が虚偽の内容であることが明らかになった場合には悪質であると判断して契約を断られてしまう可能性が高いです。

正直にありのままの経営状態を伝えておくことは、きわめて重要です。

法人による依頼だけではなく個人の相続問題についても、日本クレアス税理士法人に依頼することで解決に導くことができます。

事業承継をサポートするほか、遺言書の作成もサポートしてくれます。

また、資産状況の現状分析や相続シミュレーションなども得意とする分野です。

相続シミュレーションを行うことで、これからどれだけの税金がかかるかを把握できます。

これによって、生前対策ができやすくなります。

つくった生前対策プランをもしも実行する場合には、その手伝いもしてくれます。

相続に関する税務調査などにも対応することが可能です。

日本クレアス税理士法人では独自にビジネス情報誌や医療向け情報誌の発行を行っているほか、メールマガジンも発行しています。

これらを活用することで、最新の情報をつかむことができスムーズに依頼することが可能です。

まずは困ったことがあった場合には窓口に相談してみると良いでしょう。


会社運営を円滑にするなら税理士法人に仕事依頼をすると安心です

by michinari

⒈事業主の相談役を担うことが出来る

個人事業者として仕事を始めている方も、全国各地には多数いますが、最初の段階では大きな売り上げは期待できないことから、翌年の確定申告では白色申告や青色申告で済ませていることも目立ちます。

税の対象にならない範囲であれば、申告する必要もなく、法的にも問題はありません。

しかし、個人事業主でも後に売り上げがアップして、ある程度の収入を作ることができ、更に会社設立を成功させたという事例も決して少なくはないことです。

会社設立は以前は有限会社は300万円以上の資本金、株式会社は1,000万円以上の資本金が条件とされてきた時代がありますが、現在では資本金の括りは撤廃されているので、株式会社でもお金を掛けずに設立することは難しいことではありません。

株式会社にするメリットは、やはり税制面での優遇を受けられること、株式を発行することで資本を調達しやすくなるメリット、株式会社という肩書を得ることにより、会社としての社会的信用度が高まることが基本でもあり、その結果として取り引き先が増える可能性も十分にあります。

売り上げを確保することができ、尚且つ安定をしていて今後の見通しも良好な場合は、個人事業から株式会社に移行することが最適かもしれません。

大きな企業の場合は沢山の社員によって構成されていて、営業職や事務職、技術職など各部門を設けていることも一般的です。

総務部や経理部の場合はお金の管理を行う専門社員が担当することが多く、自社内で売り上げや支出、給料や税制面でも管理体制を上手く築いている企業も沢山あります。

 

⒉税理士法人に任せる事のメリット

一方で会社を設立してから、あまり年数が経過していなくて、社員を一定数雇用をしていても成長企業として発展させることを行っている規模の会社では、経理や税務などの仕事環境を作ることが難しい場合も多々あります。

個人事業の範囲であれば経営者本人が計算をすることには無理がありませんが、社員数が増えて売り上げもあり、経費として使う部分も多様化している際には、個人単位では難しくなることが一般的です。

税務関連は専門的分野になり、独学で勉強をする方もいますが、個人ベースでは全てを管理・計算することは非常に困難です。

このような時にはやはり日本クレアス税理士法人を利用する方法に大きなメリットを感じることができます。

プロの専門家に外部委託するという方法になり、ここでは会社設立後間もない成長企業を事例にしていますが、実際には大手企業でも活用している分野です。

税理士法人に仕事を依頼する方法では、業務上いくつかのメリットを感じることができます。

まずは、余計な人件費を費やさずに済ませられる点があり、正社員として税理士の資格を取得している人材を雇う方法と比較をすると、低料金で仕事を行ってもらえます。

もしも、税理士を雇い入れてしまい、後に会社の売り上げが落ちてしまうと、簡単に人材をカットすることは難しく、会社側と社員の双方にとってデメリットばかりが目立ちます。

外部委託の方法では基本的には契約を解除することは何ら問題はないものなので、人材管理にも非常に役立つ法人というメリットがあります。

経営者が自ら営業を積極的に行っていたり、比較的小規模運営で各社員が与えられた仕事を全うするだけで他には余裕が無いという環境下でも税理士法人では問題がありません。

全てのお金の管理を任せることができるので、経営者は勿論のこと、他の社員も本人の仕事に集中することができ、結果的に売り上げ増を成功させられることが多々あります。

帰社後に残業をしながらお金の計算を行う作業から逃れられるので、人件費のカットにも成功できるのではないでしょうか。

 

⒊会社運営に重要な節税ポイントも解りやすい

会社運営をしていると、例えば仕入れた商品を、各小売店に対して卸売りなどをしている場合は、単純に仕入れ価格と卸価格で計算する粗利だけでは計算式は当然ながら不十分です。

経営上、粗利計算は欠かせないものですが、実際には入荷や保管、出荷や営業、会社内でも必ず経費は発生してしまいます。

これらを仕訳けして計算したものが会社の収支報告になり、必ず必要な計算式です。

この時点で初めて会社の利益や収支を把握することができるのですが、計算式は簡単ではありません。

支払いが必要な税金の数々や、諸経費として認められる数字も出てきます。

このような煩雑な計算を全て行ってもらえるのが税理士法人になるので、分かりやすく単純な説明で言えば、節税を上手く行うことに成功します。

会社運営上では節税はかなり重要です。

何ら知識がないままで計算してしまうことと、プロの専門家の計算とは大きく異なることが多く、会社運営にとって最適な税務処理を担当してもらえます。

効率よく会社に資産を上手く残していき、健全な経営を長く行うには既に欠かせない存在といっても過言ではなく、小規模の会社から大規模な会社まで幅広く利用されていることも事実です。

常に新しい税制や法律に対応した仕事を行ってもらえることもメリットではないでしょうか。


社会に貢献する朋和産業株式会社

by michinari

社会に貢献している朋和産業株式会社

千葉県の船橋市にある企業朋和産業株式会社は、軟包装資材の製造販売と、販売促進ツールの企画製造販売を手掛けています。

包装資材そのものだけでなく、包装用の機械や付随業務の提供もあるので、まさに包装に特化している企業だといえます。

設立されたのは1962年のことで、誕生から実に約60年もの歴史を有していることが分かります。

資本金は5億円、現在の従業員数は約1,500名と、軟包装資材に特化する会社としてはとても規模が大きいです。

現在は軟包装の製造や販売を軸に、パッケージング・ソリューション・カンパニーを名乗り、レンゴーグループの一員になっています。

軟包装に関することなら何でも要望に応える、そういう姿勢でサービスの提供に取り組みます。

朋和産業株式会社は、包むことを装いや優しさに美しさや楽しさなど、様々な言葉で表現します。

パッケージを通して社会に貢献したり、豊かな未来の創造に挑戦するツールと考えるなど、特定の事業に特化する企業らしさが窺えます。

※参考情報・・・包装業界の大手! 朋和産業について – NAVER まとめ

 

ビジネスを活気あるものとして繁栄や夢を実現すること、誠実公正で個人を尊重したり、革新を生み出す企業風土の醸成なども掲げます。

企業倫理の確立と法令規制遵守もあえて経営理念にあげているので、経営期間の長さやこれまでの実績と合わせて、信頼される会社だといえるでしょう。

一方では情報公開に積極的で、オープンな姿勢が企業価値を高めると信じているほどです。

同時に、地球環境の保護も考えていますから、朋和産業株式会社は持続可能な社会を担う一員として、理想的な企業の1つだと思われます。

 

主な製品とパッケージの特徴

肝心の主力製品の軟包装資材は、コンビニやスーパーで幅広く使用されている、パンやおにぎりのパッケージが中心です。

これらは鮮度を保つ性能と使いやすさが求められるので、保存性と機能性の両立が課題となります。

資源保護の観点からすると、リサイクルのしやすさも大切ですから、あまり複雑過ぎず、複合素材なら分離しやすいことが求められます。

同社はほぼ単一素材でも十分に品質を保てることや、使いやすさやリサイクルに関しても考慮した上で、ベストな軟包装資材の開発に成功しています。

長期保存を前提としたチルドや冷凍食品用も同様に、低温環境でも性能を維持するパッケージが提供されます。

こちらも使い勝手の良さを兼ね備えているので、日常的に使いやすく処分も手間が掛からないのが魅力です。

朋和産業株式会社のパッケージは、実用性に加えてデザイン性も両立しているのが特徴です。

米菓や珍味で用いられるラミネートパッケージは、デイリーやチルド、そして冷凍食品とは違った性能が要求されます。

1つは湿気をもたらす酸素の遮断で、食感を損ねないようにすることが何よりも大事です。

食品を劣化させる光も同様で、更に静電気を防ぐ性能が求められることも少なくないです。

同社のラミネート製品は、異なる機能を持つ複数のフィルムを貼り合わせることで、顧客の求めるパッケージに仕上げます。

ラミネート製品に共通するポイントとしては、印刷性が良好で発色も良く、何より食べ物の写真が美味しそうに見えることです。

 

信頼性が高く、一貫体制の生産管理にも優れている

朋和産業株式会社は他にも、様々な機能を持たせた発展性のある軟包装資材、パッケージを展開中です。

お湯にそのまま投入できるレトルトを始め、フタ状で直ぐに開けやすいパッケージや、粘着剤でコーティングされているフィルムもあります。

チャックタイプで何度も開け閉めできたり、変形袋や自立するタイプまで存在します。

実は、衛生面の基準が厳しいメディカル分野でも軟包装資材を提供しているので、それだけ信頼性が高く衛生管理にも信頼が置けます。

どれだけ優れた製品を取り扱っていても、生産能力が不足していては、顧客のニーズに応えるのは困難です。

その点、同社は顧客とのプレゼンテーションから品質管理、生産管理に至るまで、一貫した体制で期待に応えることができます。

まずはパッケージの素材や機能性について話し合い、次に商品企画やマーケティングに基づき、パッケージのデザインを進めます。

デザインが決まったら製版データの作成に入り、実際に製版して印刷やラミネート加工へと至ります。

必要に合わせてカットしたり、袋状に仕上げて商品を包装できるようにするなど、全てが一貫体制で管理されています。

完成品については厳しい品質チェックに掛けられ、強度や臭気に問題がないか確認されてから出荷が行われます。

朋和産業株式会社では、全てバーコードで在庫が管理されていますから、不足が発生しても速やかに出荷できるわけです。

ここまでできるのは特化している専門企業だからこそで、環境保全活動に取り組む余裕すらあります。

環境保全には、省エネルギー化の推進や省資源化にペーパーレスなど、具体的な行動で取り組んでいます。

行動を起こしてお手本になっている企業ですから、他の企業にとってもお手本で、社会に貢献している立派な会社だと評価できます。


純金積立のメリットとは?ゴールドリンクに聞く

by michinari

(1)始めやすく便利になった純金積立

金投資にはさまざまな方法がありますので、自身のライフスタイルにあわせて適切なものを選択することが重要です。

世の中には専業トレーダーのように手間をかけてでも自力で資金を大きくする醍醐味を味わいたいという人もいれば、できるだけ手間がかからない方法で増やすのがよいと考える人もいます。

金の場合は他の投資対象と比べて特殊な面として、現物そのものに芸術的な価値があることが挙げられ、たとえば国内でも何らかの行事の記念金貨、あるいは明治時代などの古い時代に発行された高額通貨の一種としての金貨などは、デザインにも優れていて、コレクター間で高値で取引されることがあります。

別に古銭のコレクターではなかったにしても、金の輝きに魅了されるのは自然なことであり、そのために同じく投資をするのであれば現物を手に入れることにこだわりたいという人もいることでしょう。

このような方法のなかでも特に投資の初心者が注目したいものに純金積立があります。

ごく簡単に説明すれば、毎月一定の金額に該当する純金を購入して積み立て、やがて大きな資産を形成することを目指す方法といえます。

これらは純金を取り扱っている商社や証券会社などを通じて取引することができ、最近はいわゆるネットバンクのようなインターネットでのやり取りができる会社も積極的にこの分野に参入してきています。

そのため購入にあたってわざわざ店舗を訪れなければならないといった、従来のような手続きも必要なく、ごく気軽に取引ができるようになってきています。

もちろんこのように便利になった背景としては、純金積立が広く世間の人気を博していることが挙げられ、そのメリットを知っておくと人気があることにも自然と納得がいくものです。

(2)金取引をするメリット

たとえば金の資産価値は世界の共通認識になっていることがあります。

投資の手段には株や為替などいろいろなものがありますが、たとえば戦争やテロ、自然災害などが発生した場合、その国の通貨や株式はいとも簡単に暴落してしまい、場合によっては紙切れ同然の扱いを受けてしまうことがあります。

ところが金を考えてみると、有事であってもその価値が完全になくなることはなく、かえって有事の金などといわれるとおり、他の資産から乗り換えるトレーダーが増えて売買価格が高騰することのほうが多いといえます。

このように現物資産としての抜群の安定性をもっていることは、金の取引をする上での大きなメリットです。

このことに関連して、純金積立であればリスクを平準化できるということも挙げられます。

金がいくら安全資産だとはいっても、やはり需要と供給の関係で取引価格は刻々と変化しています。

そのため価格が高騰するときもあれば逆に下落することもあるといった具合に、常に価格には波があるものと考えておくのがよいでしょう。

もしも価格が高いときに大量に金を購入してしまった場合、その後価格が下落すると一気に損失が膨らんでしまいますが、実は純金積立では毎月少しずつ購入という特徴があるため、価格が高いときに購入したもの、安いときに購入したものを足し合わせて平均すると、このような価格変動の影響を受けていないのと同然の結果となります。

(3)長期的な運用はメリットになる

投資にはリスクが付き物といわれますが、逆にリスクを分散させて大きな影響を受けないようにする知恵が積立による方法です。

純金積立には少額から取引ができるというメリットもあります。

株取引などを考えた場合、最初にある程度の元手となる資金がなければ有望な銘柄を購入することさえできません。

購入ができなければ値上がりによって利益を得ることもできず、投資が成立しなくなってしまいます。

これは一般的な投資の方法すべてにいえることですが、純金積立であれば毎月千円程度のごく少額からでも取引が可能という会社が多く、たとえ潤沢な資金がなくても投資に参加することが可能です。

要は銀行の定期預金などで現金を積み立てるのと同じ感覚ですが、銀行預金は現在のような低金利のなかではほとんど利息が増えることはないのに対して、金の価格は固定ではなく日々変動していますので、それ以上のリターンを得ることができる可能性があります。

このようなさまざまなメリットがあるいっぽうで、デメリットについてもまったくないわけではありませんので、両方を見比べてメリットのほうが上回ると判断できるかどうかが鍵となります。

このデメリットに関しては、たとえば長期間にわたってこつこつと実績を積み上げるタイプの投資法のため、短期間で多額のリターンを得る目的には向いていないということが挙げられます。

短期決戦主義を貫くのであれば、為替や株のほうにこそ勝機があるといえますが、これは暴落のリスクと裏腹の関係です。

ほかにも取引に際して一定の手数料がかかりますので、銀行預金のように無料でいくらでも預け入れることができるわけではないことにも注意する必要があります。

 

※参考ページ:株式会社 ゴールドリンク 藤田 栄喜


派遣の事務で働くには?

by michinari

1.派遣の事務として働くために必要な事

派遣社員として働いている人の中には、事務をしているという人も多いのではないでしょうか。

比較的需要が多いので、チャレンジしやすい職種といえます。

仕事の内容は派遣される会社によって様々ですし、部署によって異なることも多くあります。

未経験でも働ける場合も多いですが、ある程度のスキルを求められることもあるようです。

では、派遣事務として新宿区で働くにはどのようなスキルが必要なのでしょうか。

一般的には書類を取り扱うことが多いので、エクセルやワードといったパソコン操作は必須になります。

文書を作成することもありますし、データ入力や見積書・契約書・請求書などの作成を行うこともあります。

受注管理や勤怠管理などでは専用のソフトを使用することも多く、最初は決められたフォーマットに入力することが主になります。

そのため一定レベルのパソコンのスキルは必要になるでしょう。

派遣会社に登録する際にはスキルチェックが行われるので、仕事を紹介される時には自分のレベルに合ったものになります。

また、パワーポイントなどを使って資料の作成業務などを任されることもあります。

パソコン操作に関してはスピードを求められることもありますが、正確性がより重視されることも多いようです。

それからアシスタントのように補助業務を任されることもあります。

営業マンのサポートをしたり、電話の取り次ぎや来客対応・備品管理・ファイリングをしたりします。

他の部署に進捗状況を確認するといった調整役を担うことも多いので、コミュニケーション能力も必要です。

書類の提出を促したり、スケジュールを調整するなど面倒な交渉を引き受けなければいけないこともあるようです。

そんな時にぶっきらぼうな態度だとスムーズに話が進まないこともあるので、細かな部分に気を配って話を進めることが必要になります。

 

2.マナーや接遇も身につけておく

また、来客へのお茶出しなど人と接することもありますし、電話応対を行うこともあります。

そのため人と接する際に重要なマナーも身に付けておくことが大切です。

事務の仕事は基本的にデスクワークが中心になります。

コツコツと地味な作業を繰り返すことも多いので、そういった作業が苦痛だと難しいかもしれません。

小さい会社の場合には、社内の清掃をしたりテーブルを拭くといったことも業務の1つになることがあります。

郵便物を受け取って配布したり、足りなくなった備品を補充するといった庶務的な業務を担うこともあるようです。

仕事内容は会社によって様々ですが、規模が大きくなればなるほど細分化が進んでいるので決まった仕事だけを担当することが多くなります。

それに対して規模が小さな会社の場合には、様々な業務を幅広く手掛けることが多くなっています。

会社の方針にも差があります。

雑用を派遣社員に任せるところもあれば決まった業務だけを担当させるところもあるので、応募する際にはどういった仕事内容なのかを事前に確認しておくことが重要です。

また、外資系企業や海外との取引を行っている会社などでは、英語などの語学力が必要になることもあります。

海外にある取引先とやり取りをする際に英語を使用するからです。

日常の会話まで英語を採用している企業はあまり多くはありませんが、事業がグローバル化していることもあり語学力が必要になるケースは増加傾向にあります。

 

3.縁の下の力持ちでサポート的な存在

一般的な事務に比べると、時給は高めに設定されています。

一口に事務職といっても仕事内容は多岐にわたりますが、サポート的な位置付けの職種であることは間違いありません。

縁の下の力持ちというように目立つ存在ではありませんが、会社がきちんと機能するためには必要な職種です。

残業などは少なめで毎日定時に帰れるという人も多くいます。

ただし、会社や部署によっては派遣社員でも残業するということもありますし、繁忙期にのみ残業が発生することもあります。

女性の割合が高く、結婚後も続けられる職業として人気があります。

プライベートを重視する人にも選ばれています。

事務で働く場合には、業務内容や職場のルールなどをきちんと確認することが重要です。

起こりやすいトラブルには、就業する前に聞いていた話と業務内容が異なるといったことが挙げられます。

例えば、書類の作成業務だけと聞いていたのに、来客対応を任せられてその比重が大きいといったことです。

残業は月に数時間と聞いていたのに、毎日残業を指示されるといったころもあります。

本来は契約した業務以外はする必要はありませんが、担当する部署の人がそれをきちんと理解していないこともあるようです。

自分で上司や同僚に指摘して人間関係が気まずくなるのではないかと心配する人もおり、なかなか言い出せないことも少なくありません。

そういった時には、派遣会社の担当者に相談して交渉してもらうのがおすすめです。

業務内容を丁寧に確認したり、今後どうすればいいかをきちんと話し合ってもらえます。


GIグループのグループ企業の特徴

by michinari

⒈GIグループの沿革

GIグループは株式会社ゼネラルインベストメントを持株会社とした企業集団で、様々な形で社会貢献をする企業が集まっているのが特徴です。
その業種は中古住宅の販売やリフォーム、及び企業に対するIT支援やインキュベーションなど非常に多岐にわたっており、それぞれの企業に共通性は無いように思われますが、グループ企業に共通しているのは新たな事業を創造する意欲に溢れた企業であると言う点です。

株式会社ゼネラルインベストメントはこれらの企業の将来性を見越して投資を行う側面を持っており、その事業性や将来性が非常に厳しく評価されていると言う点にあります。
またGIグループに参加することで常に経営状態が厳しくチェックされるばかりでなく、事業の先進性に関しても重要視される点がこのグループの特徴となっているのです。

その1つの例として住宅リフォームを行う株式会社リフォームステーションの様々な事業活動があります。
一般的にリフォーム会社の場合には顧客からリフォームの依頼を受け具体的な提案を行い、その内容に基づいて工事を進めると言うのが主な作業ですが、そのリフォームの広告宣伝に関してはあまり積極的に行われることが少なく、特に具体的なリフォームの事例に関してはその1部を簡単に紹介するのみで具体的な実例は示さないのが一般的です。

これはリフォームの形態がそれぞれの案件により大きく異なり、加えて価格面もそれぞれ個別のものとなっているために広く広告宣伝を行うことができないと言うのが主な理由ですが、リフォームステーションではこの常識を覆し具体的にリフォームの実例を様々な場所で展示しています。

⒉リフォームステーションの主な展示場の所在地が商業施設にある

これは積極的に自社の成果を多くの人に知ってもらいたいと言うアピールとなっていますが、リフォーム会社でこのような実例を具体的に展示する子は非常に珍しいものとなっているのです。

さらに特筆すべきはリフォームステーションの主な展示場の所在地が商業施設にあるという点です。
一般的には展示する場所は自社のショールームや住宅展示場、もしくはDIYショップの近隣などが多いのですが、リフォームステーションではあえて商業施設に展示することで多くの人が訪れる場所に設置し、これまでリフォームとは無縁の客層に対してアピールを行っている店が高く評価されているのです。

特に商業施設は主婦層や若者層が利用することが多く、基本的に自分で住宅を所有しない層となっているのですが、もっとも家にいる時間が長い人が多いことからリフォームに対するアイディアを積極的に出しやすい側面があり、彼らの意見を取り入れることで非常に住みやすい住宅を実現することができる可能性が高まると言うメリットがあります。

そのためこれまで住宅のオーナーが決めることが多かったリフォームの内容に関しても、あまり意見を得ることが少ない主婦や若者の意見を聞くことができると言うメリットが生まれるのです。

⒊IT支援やインキュベーション支援を行う株式会社ネットランド

GIグループは株式会社リフォームステーションのような積極的に新しいアプローチで企業活動を行う企業をグループとして迎えていることで、社会的にも非常に意義のある活動をする企業が多いことで知られています。

近年では企業のIT化が非常に重要視されており、その波は中小企業にも読んでいますが多くの中小企業は限られた資産の中で効果的なITを導入する資金を捻出することが非常に難しく、またこれらを運用する人材も実際には雇用することができないと言う実態があります。

そのため基本的な事務作業や経理作業などもいまだに人手に頼っていることが多く、業務効率が非常に悪いところが多いのですが、GIグループの一員である株式会社ネットランドはこれらの企業に対して効果的なIT支援やインキュベーション支援を行う会社として非常に注目されています。

企業の経営体質や実態に即したITの利用を提案したり、生様々なシステムの運用を行いその機能を提供することで中小企業の効果的なIT利用を後押しする存在となっており、業界からも注目される存在となっているのです。

近年では様々なクラウドサービスを利用したITシステムの導入なども広く行われていますが、クラウドシステムを利用することで決められた動きの中に自社の業務環境を落とし込まなければならないと言うデメリットも発生しており、独自のITシステムを効率的に導入することが中小企業には非常に重要なものとなっています。

ネットブランドはこの実態に即したITシステムの導入を多くの企業に行っており、中小企業の立場に立ったITシステムの導入を支援する会社となっているのが特徴です。

クラウドシステムのような規制のITシステムではなく、それぞれの企業の実態に即したITシステムを積極的に提案しているのです。
GIグループはこのような特徴的で実際の社会に貢献する企業をグループとして抱えており、代表である岡野保次郎曰く、グループとして今後の成長が広く期待できる企業グループとなっているのが特徴です。

岡野 保次郎(オカノ ヤスジロウ)とは – コトバンクより引用