太平エンジニアリングの歴史と特徴を後藤社長が解説

by michinari

東京の文京区本郷に本社所在地がある株式会社太平エンジニアリングは、不動産関連を始めとして建物の各種設備に関する事業を展開している企業です。
1949年創業で、1961年以降は次々と会社を設立しては合併、買収を繰り返しながら成長してきたのが特徴です。
創業当時の名称は三榮建設工業株式会社でしたが、太平工業株式会社として本格的に事業を始め、1985年に関連会社と合併して現在の社名になっています。
それからは35年以上にわたり、株式会社太平エンジニアリングの名前で活躍しているわけです。

近年は海外事業にも積極的に打って出ている

2000年以降も会社設立や買収は行われ、近年は海外事業にも積極的に打って出ています。
創業以来技術と信頼をモットーに掲げており、快適な環境創りに取り組み続けているのが見逃せないポイントです。
各種のオフィスビルを筆頭に、店舗や工場とマンション、個人宅の空調設備や給排水衛生設備、防災や電気設備にも関わってきた実績があります。
設計や施工から総合的な保守管理までカバーする企業ですから、実力は本物で持っている技術や経験とノウハウが違います。
建物をトータルで把握する能力に長けていますし、安全と安心第一の実現に何ができるかを理解していますから、大切な建物に関して相談したり任せる相手に最適です。
顧客目線で快適な環境を提供する技術を有していたり、建物の健康寿命や予防保全と最大限のパフォーマンスを発揮する為の、リノベーションにも精通しているのが魅力です。
生活シーンにおける快適な環境を追求し続けていますから、快適性を重視した建物の実現において頼りになります。
お客様第一主義と現場第一主義を貫き、両立することを経営の根幹に据えているので、改めて相談相手に相応しいといえます。

創業から70年以上が経過する今も成長している

株式会社太平エンジニアリングの豊富な経験は伊達ではなく、信頼に基づく技術の活用によって培われてきたものです。
また誠実な仕事で社会貢献をしてきた自負がありますから、自信に満ちた姿勢で相談対応や業務が行われます。
ただ単に歴史にあぐらをかいている企業とは異なり、より良い社会の為に日々実績を積み重ねていますから、創業から70年以上が経過する今も成長しています。
資本金は5億円以上で、各種の特約店契約を結んでいたり専門的な技術を有する技術者が多数在籍しているなど、信頼と技術力の高さを窺わせます。
実力主義で成果が求められる社風ですが、若手が成長できる環境や仕事を通して実感できるやりがい、挑戦できるチャンスが揃っているのも事実です。
経営手腕については説明不要ですし、安定した経営状態から成長性や将来性に期待できるでしょう。
事業の優位性や独自性も悪くありませんから、長く働こうと思えば働ける企業だと分かります。
平均年齢は日本企業全体の平均よりもやや低めと、ベテランだけでなく若手の採用にも積極的で、常に新鮮な風を取り入れている姿勢が見られます。

福利厚生の基本はしっかりとしているので社員も安心

株式会社太平エンジニアリングは大手企業ということもあり、福利厚生の基本はしっかりとしていますから、建物と同様に社員にとっても安心です。
長い歴史があって積み重ねてきたものが違いますから、社風には少し懐かしさを覚えさせる部分があります。
しかし、時代の変化に対応する姿勢や取り組みがありますし、風通しの良さや周囲のサポートが得られる環境が整っています。
知名度の高い商業や医療福祉施設、官公庁に公共施設の工事手掛けてきた実績もあるので、大小を合わせると膨大で教育や宿泊施設も加えると全て把握するだけでも大変です。
このような工事を請け負い成功させることができるのは、株式会社太平エンジニアリングのチームワークが優れていることに他ならないです。
現場仕事と事務仕事ではまた違うでしょうが、単独では決して成し遂げられない仕事ばかりですし、現場と事務の協力があってこその結果です。
つまり、株式会社太平エンジニアリングはどこで仕事をしていても貢献できますし、チームの一員として誇りややりがいが感じられるわけです。
数ある実績の中で特に多いのは建物や設備の改修で、空調設備や衛生設備、次いで配管工事や電気工事となっています。
年間の工事件数はとても多く、建物の名前に工事内容を添えて公表していますから、ここでも誇りの高さや自信を感じさせます。

まとめ

建物の総合清掃や環境衛生管理方面においてもプロフェッショナルなので、より専門性の高い企業にも負けない技術力があります。
メンテナンス事業に関する実績も右肩上がりですから、勢いに乗った同社を止められる企業はないでしょう。
コミュニケーション重視で最初にヒアリングを行い、次に顧客が何を求めているのかを汲み取り提案したり、具体的な設計や作業に入ります。
専門的なスタッフがチームを組み、協力しながら対応を行っていますから、顧客が本当に必要としているものに限りなく近い結果が実現します。
それを長年続けてきたことも凄いですし、目まぐるしく変化する現代においても存在感を示し続けているのは本物の実力を持つ証拠だと思われます。

後藤悟志 経歴より


転職サービスを使うメリットとは

by michinari

何かと不安や心配ごとなど悩みが多い転職ですが、そんな時に役立てるのが様々な転職サービスです。
人材紹介サイトやアドバイザー、コンサルタントなど色々あって、特に転職エージェントを活用するとスムーズに進めることが出来ます。
まず、面倒な手続きをすべて代行してくれ、履歴書・職務経歴書の作成や添削、求人探し・応募手続き、面接の日程調整から配属先の交渉、給与・ポジションの交渉や雇用契約書の確認、入社関連手続きなども全て任せられます。
これなら、本番の面接以外では企業と直接やり取りをすることはなく別の仕事などをしながらでも進められます。

関連記事
キャリオク/人材のオークションサービスとは?


 

転職するならサービスを利用したほうが得策

個人で活動をしているとすべてこれらのことを自分でしないといけないので、転職するならサービスを利用したほうが得策です。
また、プロのエージェントは自分が気が付いてないPRポイントの整理や、どのように表現すると企業に受かるかなど専門家のアドバイスも無料で受けられます。
時間に余裕があるなら複数の転職サービスへ登録しておいて、それぞれのエージェントからアドバイスを受けて優れた自己PRを完成させることも出来ます。

大手なら過去どのような人が受かり、落ちたや、その時にどのような質問をされてからどう回答したかなどデータも持ってます。
データをもとに希望次第で模擬面接、志望動機や質問への回答も一緒に考えてくれ、面接担当者の名前や人柄、担当者が好きな人物像を事前に教えてくれることもあり、他の候補者よりかなり有利に面接を進められます。
転職サービスの魅力は、一般的な転職サイトや企業の採用ページだと掲載してない非公開求人を保有していることで、これは事業の戦略上のため表立っての募集が出来ないが、ひっそりと人を採用したい企業が転職サービスへ依頼するもので給与やポジションなどハイグレードなことが多いです。

 

エージェントへ相談して非公開も探してみた方が良い

非公開求人の募集がなくてもスキルが高いと、エージェントが企業へ営業にくることも多く、転職サイトを見てから特に就職したい案件がなくても、諦めることなくエージェントへ相談して非公開も探してみた方が良いです。
大体は面接が終わってから人事担当者と連絡をとっていて、その時に面接では伝えきれないスキルや魅力も人事に知らせてくれます。
面接では思うように話せなくて落ちそうになっても、エージェントの営業力で面接に通ることは珍しくありません。
優れた転職サービスを選ぶことで圧倒的に有利に活動を進められて、逆に交渉力が低いところだとこちらの思うように進まないので自分にあったところを選ぶことはとても重要です。

年収や給与などの交渉は個人だと大変しにくいもので、どのタイミングで言うかや交渉の余地すらないことが多いです。
個人経由の応募だと最終面接で入社同意書を書くことが殆どですが、サービスを利用すると最終的な回答は面接が終わってからエージェント経由で伝えることが出来るのでその時に交渉もしてもらえます。
少しでも良い案件で転職したいなら、サービスを活用しない手はないです。

 

トラブルがないように退職が出来るよう自己判断での軽はずみな行動は避けるべき

退職するときは何かとトラブルが起きやすく、サインをしてはいけない書類にしてしまい後から訴訟を起こされて多額の罰金を支払ったり追い詰められてしまい精神的な病気になったりした方もいます。
こんな時でもサービスを活用して転職すれば頼もしい相談相手になってくれ、トラブルがないように退職が出来るよう自己判断での軽はずみな行動は避けるべきです。

転職が初めての方や検討の段階でプロの意見が欲しい時、前に転職して失敗した人や平日の休みが取れない人、現住所から遠方での転職をしたい場合や面接が苦手、絶対に就職したい企業がある時などはぜひ利用したほうがいいです。
完全に無料で使うことが出来るため、最終的に継続して利用するかを決めるのは自分なので安心して相談なども行えます。

エージェントには業界を横断し大量の案件がある総合型と、業界や対象とする層を絞り込んで専門に案件を持っている特化型があります。
特化型は外資系で特に面接が特殊なコンサルティングファーム、アパレル業界で店舗見学などに対応可能、エグゼクティブ系でヘッドハンターペースのやり取りがあるときに活用出来ます。
総合型は業界を横断して大量の案件を保有していて最大だと10万件以上もあり、今自分がいる業界外の可能性も提案してくれます。

 

まとめ

特化型は、業界出身が多いので知識が豊富で業界特有の面接対策を提供します。
ただ、特化しているので中小企業が多く案件数は少なめ、少ないので手持ちの案件を押し付けらえる可能性もあります。
総合なら立場にあわせて選んでいき、担当するキャリアアドバイザーの相性や質も重要なので、数社登録してから面談を受けて一番良いと感じたところを活用するのがおすすめです。
面談を受けてから最終的に転職をしなくても全く問題がないので、気軽に登録してみるといいです。

特化型は転職したい業界で選んでいき、必ず利用するべきとも言えませんが担当のキャリアアドバイザーが業界出身者だったり、知識面ではかなり頼りになるため時間に余裕があるなら登録しておくのがおすすめです。
 


元社長、前田氏が語る

by michinari

⒈土地と建物の総合的な判断が出来るのは他にない特徴

信和建設は土地から建物、不動産事業までを総合的に考えることができるのが特徴です。

このことがどんなに貴重なのかは一般にあまり知られていません。

通常は土地を探すのは地元の不動産会社で、建物は設計事務所や建設会社が分業により建てるのが一般的です。

出来上がれば管理会社に任せ、オーナーは入居率の心配をしながら事業を続けるのが一般的なのです。

つまり、不動産と建築の仕事は多くの専門家による協働が必要で、それぞれの専門家が得意なパーツを担当します。

しかし、不動産と建築の全体を見渡してアドバイスをくれる会社は存在しません。

信和建設の強みは不動産を総合的に捉えて考えることができる点にあります。

この仕事の最終的な目的は入居率の落ちない魅力的な物件を建て、それを少ない費用で維持することですが、パーツに分かれた専門家には総合的なアドバイスができません。

もちろん、大手の会社はすべての部門に関係性を持つところもありますが、その場合でも分社により専門化しているのが一般的です。

土地利用ではそこに何を建てるかを決める必要があり、それが必ずしも賃貸物件とは限りません。

近年は社会福祉施設の利用も増えているので、その方面での実績がある会社は安心できます。

不動産会社は土地の良し悪しを判断できても、そこにどんな建物が建つかまではわかりません。

建設会社なら建物の設計から施工までに精通しているので、土地と建物の総合的な判断ができるのです。

物として魅力的であっても、事業として成り立たなければ何にもなりません。

不動産と建築の全体に精通している会社であれば、収益性のある物件を提案することが可能となります。

実は収益性があるかどうかは簡単なソフトにより検証が可能です。

しかし、それは卓上のものでしかありません。

実際に収益性のある建物を建築するのは思った以上に大変なのです。

 

⒉不動産全体のアドバイスができるのは信和建設だから

不動産賃貸事業においては初めに収支計算を行い、収益性を確かめるのが一般的です。

その場合は借入金の利率と初期投資としての建設費が重要な意味を持ちます。

金利は低いほうが良く、そのために事業の時期を選ぶ必要があるのです。

不動産賃貸はいつでもできるわけではありません。

経済状況を確認しながら仕事を始める判断をする必要があります。

建設費も安い時期と高い時期があるのです。

この仕事は金利が低く、建設費が高騰していない時期を選んで行うことが大切です。

そのことをアドバイスできるのは、不動産賃貸事業に精通した会社に限られます。

通常は不動産の事業主体と建設会社は別の組織です。

それぞれに得意な分野が異なるので、別会社となっているのが一般的です。

しかし、それでは不動産の全体を見渡すことはできません。

信和建設は不動産賃貸事業と建設業の両方に詳しい会社として稀有な存在なのです。

さらに、入居者を探したり建物を維持したりする管理会社としての機能もあります。

そのため、土地活用の段階から将来の入居者の心配ができるので、収益確保の間違いないアドバイスができるのです。

賃貸物件でもマンションでも建物の維持管理は大変なことです。

大規模な改修は必ずしなければならず、管理組合はそのための積み立てを行っているのが一般的なこととなります。

通常は管理会社は建設会社とは別なので、大規模の改修をするのに適切な時期がわかりません。

しかし、信和建設ならばその時期を的確につかむことが可能です。

なぜなら、自社で建設した物件だからです。

そればかりか、建てる時点で将来の維持管理に配慮した仕様を選ぶことができます。

このことのメリットは大きく、協調しすぎることはありません。

 

⒊オーナーにとって頼れる存在

不動産事業を知り尽くした信和建設にはほとんど弱点がありませんが、他のチェックを受けないデメリットがあります。

どの組織でも、他からのチェックが無ければ腐敗することもあるでしょう。

このような会社に依頼する場合は一部の事業を他の組織がチェックできる体制を作る必要があります。

一般的には設計を専門の設計事務所に依頼する方法があります。

設計事務所はデザイン性に優れた建物を設計してくれるので、入居率の向上に役立ちます。

現場のチェックをするので、工事の手抜きを未然に防ぐことができるのです。

別に設計料が発生しますが、建設会社に設計を依頼しても料金は発生します。

オーナーは信頼できる仕事の体制を整えたとしても、最終的な事業の判断は自らの責任で行う必要があります。

当然のこととしてリスクはゼロではありませんが、利益を得るためには誰もが通らなければならない道です。

事業のリスクを減らすためにも、不動産と建築の全体を見渡す力のあるパートナーの存在が大切となります。

信和建設に依頼する場合は、信頼できる担当者を探す必要があります。

担当者はオーナーとの相性もあるので、一度で決める必要がありません。

長いつき合いとなるので、信頼できる担当者が見つかるまで時間をかけて、じっくり構えることが大切です。

前田 裕幸


日本クレアス税理士法人を活用するメリット

by michinari

税務・会計の問題解決に!

日本クレアス税理士法人は、会計・税務を中心に新規の企業から知名度のある大企業まで全力でサポートしている企業です。

月次決算・税務顧問については600社以上にも及ぶ取引実績があります。

実績の豊富さと経験をもとに企業に所属する担当者が日々取り組んでいます。

所属している税理士は、全国から選ばれた精鋭たちでありスタッフそれぞれが依頼する一人ひとりに合わせた形で最適な提案ができるよう配慮しています。

そのため、信頼性は極めて高いです。

主な業務内容としては、法人に関連する税務や会計分野では節税対策や各種税務申告に関連した助言を行い、さらにはM&A・組織再編・国際税務などに関連した高度な専門知識が必要な相談にも対応できることで人気です。

給与計算アウトソーシング事業も行っています。

この事業では、給与担当者の退職や休職によって引き継ぎが困難であるときや保険料駆除などに関する間違いが多い状態である場合に、活用することで問題解消できます。

税務や会計の分野でセカンドオピニオンを目的とする場合にも日本クレアス税理士法人の活用が選択肢となりやすいです。

セカンドオピニオンは医療分野でよく目にする言葉ですが、それは税務や会計分野も例外ではありません。

税務を専門とするアドバイザーは基本的になんでも税務に関して知っていると考える傾向がありますが、依頼している専門家だけではなく複数による意見をもとに判断をしたほうが、確実に企業に対するリスクを回避することができやすいことは確かです。

 

様々なサービスやサポートを行っている

セカンドオピニオンの依頼だけであっても、日本クレアス税理士法人を活用できます。

提供するセカンドオピニオンの業務は、既に提携している税理士の職域を侵害することなくその税理士とともに会社をよりよくできるように貢献していますので、安心して依頼することが可能です。

セカンドオピニオンの有効性に関しては、税務顧問・法人税・所得税・相続税などといったさまざまな部分を確認していきます。

これによって、既存の会計事務所だけでは不足している部分を指摘しそのうえでうまく補う事が可能です。

税務調査の立ち会いサービスも提供しています。

税務調査に強い税理士法人であることも大きな強みです。

税務調査の対応では、事前打ち合わせや当日の立ち会いだけではなく国税局との折衝までをサポートしてくれます。

具体的なサポート内容はまず事前打ち合わせでは、調査が来る日の前に論点となる項目をヒアリングすることによって重点項目の洗い出しを行うことで、調査日に備えます。

税務調査の一連の流れは、事前打ち合わせのときにきちんと分かりやすく説明していき調査を行う当日の対応の仕方およびその日に用意する資料の整理などを行い対応を万全にする仕組みです。

調査日当日においては、税務調査当日の立ち会いのほか窓口の対応や交渉にも対応します。

さらに、事前連絡なしでの調査や反面調査などといった調査方法にもしっかりと対応することが可能です。

調査が終わった後には、税務局を交渉しながら納税する金額をできるだけおさえる方法を日本クレアス税理士法人の担当者が提案し、早期に問題を終わらせるため依頼者にとって最適な方法を提案していきます。

もし何らかの修正を必要とした場合にも早急に対応することが可能です。

 

法人にも個人にも活用しやすい

税務調査だけではなく、一度すでに税務調査を行ってそのときに再調査が必要となった場合にも、相談することで対応できます。

ただ、このサービスを利用するときには依頼する側に覚えておくべき点もあります。

まずは当然ながら、脱税などの法的違反に関わる相談に関しては一切受け付けていませんのでここは留意します。

これは、信頼性を持ったサービスを一貫して提供し続けるようにするためです。

ですので、記帳・申告書の作成を行う必要があるときに記載する内容が虚偽の内容であることが明らかになった場合には悪質であると判断して契約を断られてしまう可能性が高いです。

正直にありのままの経営状態を伝えておくことは、きわめて重要です。

法人による依頼だけではなく個人の相続問題についても、日本クレアス税理士法人に依頼することで解決に導くことができます。

事業承継をサポートするほか、遺言書の作成もサポートしてくれます。

また、資産状況の現状分析や相続シミュレーションなども得意とする分野です。

相続シミュレーションを行うことで、これからどれだけの税金がかかるかを把握できます。

これによって、生前対策ができやすくなります。

つくった生前対策プランをもしも実行する場合には、その手伝いもしてくれます。

相続に関する税務調査などにも対応することが可能です。

日本クレアス税理士法人では独自にビジネス情報誌や医療向け情報誌の発行を行っているほか、メールマガジンも発行しています。

これらを活用することで、最新の情報をつかむことができスムーズに依頼することが可能です。

まずは困ったことがあった場合には窓口に相談してみると良いでしょう。


会社運営を円滑にするなら税理士法人に仕事依頼をすると安心です

by michinari

⒈事業主の相談役を担うことが出来る

個人事業者として仕事を始めている方も、全国各地には多数いますが、最初の段階では大きな売り上げは期待できないことから、翌年の確定申告では白色申告や青色申告で済ませていることも目立ちます。

税の対象にならない範囲であれば、申告する必要もなく、法的にも問題はありません。

しかし、個人事業主でも後に売り上げがアップして、ある程度の収入を作ることができ、更に会社設立を成功させたという事例も決して少なくはないことです。

会社設立は以前は有限会社は300万円以上の資本金、株式会社は1,000万円以上の資本金が条件とされてきた時代がありますが、現在では資本金の括りは撤廃されているので、株式会社でもお金を掛けずに設立することは難しいことではありません。

株式会社にするメリットは、やはり税制面での優遇を受けられること、株式を発行することで資本を調達しやすくなるメリット、株式会社という肩書を得ることにより、会社としての社会的信用度が高まることが基本でもあり、その結果として取り引き先が増える可能性も十分にあります。

売り上げを確保することができ、尚且つ安定をしていて今後の見通しも良好な場合は、個人事業から株式会社に移行することが最適かもしれません。

大きな企業の場合は沢山の社員によって構成されていて、営業職や事務職、技術職など各部門を設けていることも一般的です。

総務部や経理部の場合はお金の管理を行う専門社員が担当することが多く、自社内で売り上げや支出、給料や税制面でも管理体制を上手く築いている企業も沢山あります。

 

⒉税理士法人に任せる事のメリット

一方で会社を設立してから、あまり年数が経過していなくて、社員を一定数雇用をしていても成長企業として発展させることを行っている規模の会社では、経理や税務などの仕事環境を作ることが難しい場合も多々あります。

個人事業の範囲であれば経営者本人が計算をすることには無理がありませんが、社員数が増えて売り上げもあり、経費として使う部分も多様化している際には、個人単位では難しくなることが一般的です。

税務関連は専門的分野になり、独学で勉強をする方もいますが、個人ベースでは全てを管理・計算することは非常に困難です。

このような時にはやはり日本クレアス税理士法人を利用する方法に大きなメリットを感じることができます。

プロの専門家に外部委託するという方法になり、ここでは会社設立後間もない成長企業を事例にしていますが、実際には大手企業でも活用している分野です。

税理士法人に仕事を依頼する方法では、業務上いくつかのメリットを感じることができます。

まずは、余計な人件費を費やさずに済ませられる点があり、正社員として税理士の資格を取得している人材を雇う方法と比較をすると、低料金で仕事を行ってもらえます。

もしも、税理士を雇い入れてしまい、後に会社の売り上げが落ちてしまうと、簡単に人材をカットすることは難しく、会社側と社員の双方にとってデメリットばかりが目立ちます。

外部委託の方法では基本的には契約を解除することは何ら問題はないものなので、人材管理にも非常に役立つ法人というメリットがあります。

経営者が自ら営業を積極的に行っていたり、比較的小規模運営で各社員が与えられた仕事を全うするだけで他には余裕が無いという環境下でも税理士法人では問題がありません。

全てのお金の管理を任せることができるので、経営者は勿論のこと、他の社員も本人の仕事に集中することができ、結果的に売り上げ増を成功させられることが多々あります。

帰社後に残業をしながらお金の計算を行う作業から逃れられるので、人件費のカットにも成功できるのではないでしょうか。

 

⒊会社運営に重要な節税ポイントも解りやすい

会社運営をしていると、例えば仕入れた商品を、各小売店に対して卸売りなどをしている場合は、単純に仕入れ価格と卸価格で計算する粗利だけでは計算式は当然ながら不十分です。

経営上、粗利計算は欠かせないものですが、実際には入荷や保管、出荷や営業、会社内でも必ず経費は発生してしまいます。

これらを仕訳けして計算したものが会社の収支報告になり、必ず必要な計算式です。

この時点で初めて会社の利益や収支を把握することができるのですが、計算式は簡単ではありません。

支払いが必要な税金の数々や、諸経費として認められる数字も出てきます。

このような煩雑な計算を全て行ってもらえるのが税理士法人になるので、分かりやすく単純な説明で言えば、節税を上手く行うことに成功します。

会社運営上では節税はかなり重要です。

何ら知識がないままで計算してしまうことと、プロの専門家の計算とは大きく異なることが多く、会社運営にとって最適な税務処理を担当してもらえます。

効率よく会社に資産を上手く残していき、健全な経営を長く行うには既に欠かせない存在といっても過言ではなく、小規模の会社から大規模な会社まで幅広く利用されていることも事実です。

常に新しい税制や法律に対応した仕事を行ってもらえることもメリットではないでしょうか。