証券会社とはどういうことをする会社なのか

by michinari

証券会社について

証券会社は株式や債券などの有価証券の売買の取次、引き受けなどを行う会社のことを言います。

日本国内においては金融商品取引法で規定されている金融商品取引業者のうちで第一種金融商品取引業を行う者を指します。

2007年9月30日に金融商品取引法の改正施行に伴い従前の会社はみなし登録第一種業者とされることになりました。

第一種金融商品取引業は金融庁長官の登録制になっていて登録要件は株式会社であることや資本金5千万円以上、自己資本比率が120%以上の他に人的構成や主要株主の規制があり以前よりもより厳格になっています。

国内外に拠点を持つ五大手証券と呼ばれる会社があります。

それに次ぐものとして準大手と呼ばれる会社が3社、中堅証券と呼ばれる会社が7社程知られ、支店には地域的な偏りがあるとされていてもっぱら地域密着型の営業を行っています。

次いで中小証券と呼ばれる会社が続いていてこの中には非上場企業も含まれています。

(参考・・・koyo証券

リテール営業とよばれるものが中心となっていて得意分野を持っていたり他社では取り扱わない商品を取り扱うことも多いとされています。

1990年代の半ばごろからWindows95のOSが全国に広がるに従ってやがてインターネットにつながるようにうなりました。

1998年にはインターネットを利用した証券会社が現れるようになり、これまで実店舗型の会社において対面販売を行っていたものが次第に営業拠点や営業員を必要としなくなり、従って人件費などの固定費を抑えることが可能になり低コストで会社の運営ができるようになって行きました。

これに伴い株式の売買委託手数料を大幅に引き下げて価格競争力に対応し、マーケットにおいてシェアを拡大して行きました。

2012年4月時点では大手の会社は7社になっている

そのあと参入障壁が低くなったことをきっかけとして大手銀行や商社、外資系の会社や最大手の会社もこれに参入するなど競争も激化することになりました。

結果撤退や吸収合併も相次いで価格競争だけでなく取扱い商品の多様化やサービスの充実にも力を入れるようになって来ています。

2012年4月時点では大手の会社は7社になっています。

会社を区分別に分けると投資銀行業務系と外国会社、地場証券、地銀・ネット銀行系会社、ホールセール専業会社、先物会社系会社などになっています。

業務内容についてはまず投資家の株式を売買するために入れた注文を商品取引所へ取り次ぐ業務で、売買注文を仲介して株式売買委託手数料を受け取ります。

又、取り扱える証券取引所が違います。

会社は自社のお金で株や債券の売買も行えるようになっていてディーラー業務と呼ばれていてここで得た利益は自社の儲けになります。

これを活発に行うことで市場の流動性が高まって取引相手が見つかるので個人投資家にもメリットがあります。

但し自己売買基準というものがあり保有できる証券の限度額が会社ごとに決められています。

会社の自己売買は約15%とされその他85%が顧客からの委託売買になっているようです。

引受・売り出しのアンダーライティングは株や債券などの有価証券が発行されるときにそれを証券会社が買い取ってから顧客に販売するという形態のものを言います。

発行元の企業から証券会社に手数料が入ることになりますが株式が売れ残るリスクがあるので特定の会社しかこの業務を行うことができません。

募集や売出を取扱うセリング業務は株や投資信託などの有価証券を不特定多数の投資家に宣伝を行い買取ってもらう業務のことを指します。

証券会社から委託を受けて募集や売出業務を行いますがセリング業務では証券会社が株を買うわけではありません。

従って売れ残っても引き取る必要がありません。

資産管理業務というものもある

あと資産管理業務というものがあります。

会社は短期的な儲けになる個別の株式よりも長期的に手数料が入って来る投資信託を買ってもらう方が好ましいとされています。

従って積極的にキャンペーンを打って商品の販売を行っています。

投資信託は資産運用のプロとされるファンドマネージャーにまとまった資金を任せてその舵取りを行ってもらう運用方法を言います。

商品によって毎月分配金というものが口座に振り込まれることになりますが、商品購入の際の販売手数料、中間期の信託報酬、そして解約時の信託財産留保額という手数料が発生することになります。

ネット証券は手数料が安い為に頻繁に売買を繰り返すトレーダーなどの支持が多く、売買委託手数料の割合が多くなっています。

実店舗型の会社の場合は売買手数料の落ち込みをカバーするのに資産管理業務に力を入れているという特徴が見られます。

1998年から1999年にかけて株式売買委託手数料が自由化されました。

従ってこの時期を境として免許制から登録制になって参入障壁が低くなり、実店舗を持たないことで経費を抑えられ安い手数料を実現できるようになりました。

その結果会社の手数料収入は1990年に3兆円以上あったものが2014年には8700億円まで減少したとされています。


日本調剤の調剤薬局を活用する方法とは

by michinari

保険調剤薬局のチェーンとして知られる日本調剤

日本調剤とは、保険調剤薬局のチェーンとして日本国内の全ての都道府県に調剤薬局を出店しているという、国内の大手調剤薬局チェーンです。

調剤薬局は、病院の医師が出した処方箋に基づいて、薬を調剤した上で、その薬の効果の説明や、服用の際の注意事項等を患者に伝えつつ、薬を出す場所だったりします。

薬を安全に使用するための手助けをしている場所であり、日本調剤の調剤薬局も同様の役割を担っているのです。

ただしより便利で安全に、薬を受け取れる場所として機能しています。

というのも薬を受け取る際、患者はお薬手帳を持って行くのが基本です。

お薬手帳には、現在服用している薬の情報や、薬による副作用や過去の病歴、アレルギーのある無し等、薬を出す上で重要な情報が多く書かれています。

薬剤師は基本的に、お薬手帳を確認して処方箋の薬を出しても問題がないかどうかを、チェックするのです。

この様に、お薬手帳の情報は重要だったりします。

お薬手帳プラスについて

そんなお薬手帳ですが、日本調剤の調剤薬局であれば、もっと便利に利用可能です。

というのもスマートフォン用に、お薬手帳プラスというアプリを使用する事が出来ます。

お薬手帳プラスを使用すれば、紙のお薬手帳の情報管理が出来る上に、薬を効率的に受け取る事が可能です。

このアプリには、処方箋の送信という機能があるので、調剤薬局が混雑している際には、その待ち時間を短縮したり、待ち時間を有効活用する事が出来ます。

 


出典元:https://job.rikunabi.com/2018/company/r670661029/

更にお薬手帳プラスには、健康や薬の管理機能もあり、便利に利用可能です。

カレンダーに通院日を設定する事で、病院に行くのをうっかり忘れるのを防ぐ事が出来ます。

同様に服薬時間をセットしておけば、アラームで報せてくれる機能もあるので、薬の飲み忘れを防ぐ事が出来て、非常に便利です。

日本調剤は、薬を受け取りに行く場所だけでなく、健康管理を行う場所としても有効だったりします。

というのも店舗内に健康チェックステーションがあり、様々な形で健康チェックを行う事が可能です。

具体的には、血圧計や体組成計等の健康測定器が置かれているので、それらを使用して、自分の健康状態や身体の状態を手軽に知る事が出来ます。

その上、簡易血液検査キットを常備した検体測定室もあり、何時でも血液検査を行う事が可能です。

お陰で血液検査により、糖尿病等の予防に役立てる事が出来ます。

加えて健康チェックステーションでは相談専用のブースも設置されており、そこで薬剤師や栄養士に、健康や薬に関する相談を行う事も可能です。


仏壇などを不用品回収業者に依頼をするということ

by michinari

引越しや家族が亡くなったときには、もう誰も使わない家具や道具などがあります。

思い出のある品であれば、処分をしにくいものですが、そのまま家にただ置いておくというのは、スペースに余裕がなければ出来る話ではありません。

それならばいっそ不用品回収業者に依頼してみるべきです。

自分で粗大ごみ、家庭ごみで処分するのではなく、あえて不用品回収業者に依頼するのは、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

第一に手間を省くことが出来ます。

粗大ごみであれば、品目に応じて有料のシールを購入して貼り付けなければいけません。

しかし、業者にまかせれば、トラックに積み込める量や部屋ごとなど、一定の区切りで料金を設定しており、ひとつひとつの料金を調べる必要はありません。

個別に料金が設定されている場合でも、業者のほうで見積もりを出してくれるので料金シールを購入する手間が省けます。

それに家電のなかには家電リサイクル法で、処分方法が決まっているものもあります。

それは消費者がメーカーに直接連絡して、処分の手続きをしてもらわなければいけないのですが、業者に任せればそういった品もまとめて対応してくれます。

故人の遺品等の場合には、どれが不用品なのかということを選別する手間がかかりますが、業者に貴重品以外を引き渡すということにしておけば、業者が部屋から運び出してくれます。

ベッドやタンスなど大きくて重たい不用品を運ぶとなれば、力が必要ですし時間もかかりますが、そういことをやってくれるならば部屋を空けるのも簡単になります。

大きな荷物を運び出す人手がないならば、なおさら業者に依頼したほうがよいです。

第二に費用の節約になります。

回収費用については、粗大ごみで出したほうが安上がりということもありますが、まだ使える品物であった場合には、それはゴミとしてではなく、買取商品として扱ってくれます。

もしも、買い取れる品物が多ければ、回収費用を支払う必要がなかったり、逆に臨時収入になることもあります。

ここまで不用品回収をしてもらうメリットを挙げてきましたが、同時に気をつけなければいけないのは悪徳業者の存在です。

無料で引き取るといって後から料金を請求してきたり、不用品の中に貴重品が入っていても依頼者には知らせずに、自分のものにしてしまうと言った被害が想定されます。

便利だからと業者に依頼して、そのようなトラブルに遭遇してしまったときには、直ぐに警察や消費者相談窓口に連絡をすることです。

大阪 お仏壇 処分


家賃保証システムから考える全保連の役割

by michinari

全保連は全保連株式会社という法人です。

この会社では、物件を探している利用者の方々と物件を所有しているオーナーの方を、安心して繋がることができるように「家賃保証システム」というサービスを行っています。

「家賃保証システム」とは、たとえば、アパートやマンションを借りている方が、賃料などを払えない月がある場合、全保連側からオーナー側にその未払い家賃の支払いを代行してくれるサービスです。

つまり家賃の立替サービスとなっています。

そのため、家賃が払えない月があったとしても利用者の方は、住んでいる家を追い出されることなく、同じ部屋に住み続けることができます。

また、支払えなかった家賃に関しては、後日、利用者側が全保連側に支払う形となっています。

また、このサービスは、アパートやマンションを所有するオーナー側の視点から見ても、安心して入居者を迎えることができるシステムとなっています。

なぜなら、入居者の方が毎月100%家賃を支払ってくれるかどうかは、入居時に把握することが難しく、実際に住んでからでないと分からないことの方が多いからです。

(参考:全保連 評判

役立つ家賃保証システム

「安定した収入がありそうな仕事に就いている」と思っても、いつその仕事が無くなるのかは、このご時世なので誰にも分かりません。

また、家やアパート、マンションの部屋を借りる際の連帯保証人の方が支払ってくれる保証もありません。

そのため、オーナー側は、このサービスがないと安定した収入を得られないだけでなく、借りている人に対して家賃を支払うよう催促しなければならない状況となってしまいます。

この業務は、本来する必要のない余分な業務と言わざるおえません。

その催促する業務には、時間が掛かるだけでなく、精神的にも負担が掛かります。

また、家賃が支払えない住民とのトラブルに巻き込まれ逆恨みをかうこともありますし、他の住居者の方にも迷惑を掛けることに繋がってくる場合もあります。

そういった業務からオーナーの方々を解放し、心や体への負担を減らし、入居者の方とのトラブルを回避することにも「家賃保証システム」は役立っています。

また、安定した収入を確保できるため、オーナー側の私生活あるいはビジネスライフへの影響も抑えることができます。

不動産会社や管理会社の方にもこのサービスは利用されており、安定した収入を確保できることはもちろん、管理業務の軽減にも役立っています。

全保連は、物件の利用者、オーナー、管理会社のそれぞれが安心して契約できるようにサポートするために、それぞれの抱える問題や難しい業務を代わりに代行することにより実現させています。


世田谷学園の電車交通情報についての考察

by michinari

世田谷区の交通網

世田谷区の交通網は、鉄道の場合には北東から北西へ伸びる路線が多いのが特徴です。

このようなルートになっているのは、新宿や渋谷方面から伸びる路線が多く、川崎や横浜方面へ通じる形になっているためだと思います。

逆に南北を広く縦断する路線がないのも特徴ですが、これは主に目黒区を通過する東横線が隣接している影響ではないかと考えられます。

世田谷区の北端部を沿線にしているには、新宿駅を起点にする京王線の路線です。

都道318号環状七号線を跨ぎ、区内に入ると代田橋駅に到着し、次第に西側の方向へと進んでいきます。

明大前駅では京王井の頭線と交差しながら進み、武蔵野台地を刻む仙川沿いまでの沿線です。

すっきりとした線形に比べると、千歳烏山駅付近の街路には入り組んだ場所が多いのが対称的です。

世田谷区のほぼ中央を東西に通過しているは、ロマンスカーなどの特急列車もお馴染みの小田急小田原線です。

東北沢駅から喜多見駅までの沿線は、新宿方面へ通勤する人にとってのベッドタウンでもあるようです。

小田急線の沿線を航空写真で見ると、宅地が隙間なく密集していることが分かり、人口90万の大都市らしい景観になっています。

典型的な通勤路線ではありますが、その中には豪徳寺駅のような観光拠点もあるのが特徴です。

梅ヶ丘駅の近くには、広大な緑地を有する羽根木公園があり、周辺では貴重になった自然環境がよく残されています。

さらに、北沢川緑道もあることから、閑静な環境の中で散歩を楽しむ人も多いようです。

世田谷区の南部を通過する東急田園都市線

世田谷区の南部を通過するのは、沿線に二子玉川などの人気の街がある東急田園都市線です。

まっすぐの線形の小田急小田原線とは違って、田園都市線は池尻大橋駅から二子玉川駅にかけては、大きなカーブを描いて進むのが特徴です。

利用者の数は増加傾向にあり、主要駅の一つの三軒茶屋駅の例では13万人に及びます。

このような人気を支えているには、都心への交通利便性の高さだけでなく、住環境や教育環境が充実しているためではないかと思います。

世田谷区を通過する鉄道路線の中で、沿線の水辺風景が美しい路線では東急大井町線が代表的ではないでしょうか。

等々力駅の周辺には、武蔵野台地の断崖を有する等々力渓谷があります。

上野毛駅や二子玉川駅からは多摩川が特に近いこともあって、周辺ではサイクリングや野球などのスポーツが盛んです。

玉川野毛町公園や多摩川遊園もあるため、散歩や散策の行き先も多彩になります。

世田谷学園では夏休みに親子で参加できるオープンキャンパスを開催しています。

学食や校舎の様子などをご覧になりたい方は是非ご参加してみてください。世田谷学園 オープンキャンパスはこちら。