【最新版】クレンジングバームの特徴とメリット

by michinari

「クレンジングバームのメリットを知りたい」
「保湿もしっかりできるクレンジングを探している」
「美しいお肌を目指したい」

日常的にメイクをする機会が多いという方は多いですが、メイクはきちんと落としているようでも毛穴の中に汚れが残ってしまっている場合が多く、メイク汚れが原因でニキビや毛穴詰まりなど様々な肌トラブルにつながる可能性があります。
そのため毎日のメイク汚れはきちんとクレンジング化粧品を利用して、その日のうちにしっかり落とすことが基本となります。

クレンジングバームとは

ただ市販されているクレンジング化粧品には、様々な種類があり自分の肌質や使用しているメイク化粧品を落とすためにどのタイプを選ぶべきか迷ってしまう方も多いようです。
そんな種類の豊富なクレンジング化粧品の中でも特に注目されているのが「クレンジングバーム」の存在です。
クレンジングバームとはクリーム状ですがオイルを固めている特徴を持ち、適量のクリームを肌に乗せると体温によってクリームが溶けてオイル状になるためメイク汚れに馴染みやすく、ゴシゴシこすらずとも優しく撫でるだけで汚れをしっかり落とすことができます。
そのため市販されているクレンジングバームの多くは、ダブル洗顔をしなくても充分に洗浄力が高い商品が多い傾向にあり、洗い上がりも肌がつっぱることなくしっとりとした仕上がりになることも特徴です。
肌への刺激を最小限に抑えられることや、洗い上がりがしっとりと潤いが保たれていることもあり乾燥肌・敏感肌の方に向いていると言われています。

クレンジングバームのバームとは軟膏という意味

ではクレンジングバームが多くの人に支持されている特徴やメリットをさらに深くチェックしていきましょう。
クレンジングバームのバームとは軟膏という意味であり、市販されている商品の多くはジャーに入った軟膏タイプで販売されています。
オイルを固めたものなので肌に乗せれば体温でとろける仕組みとなり、アイメイクやしっかりメイクにもオイルが馴染むので、簡単に汚れが落とせる仕組みです。
クレンジングを行なう際にしっかり汚れを落とそうとしてゴシゴシ擦ってしまう人が多いですが、これはデリケートな肌に負担をかけてしまったり乾燥を引き起こす原因に繋がります。
しかしクレンジングバームなら最初は固形ですが肌につけるととろけるので、力を入れずともスルスルと顔全体に広げられ、皮膚が薄く繊細な目元やデリケートな口元にも優しくなじませることができるのが大きなメリットです。

保湿成分も豊富に含まれている特徴がある

オイル状のクレンジング化粧品というと、洗浄力が高すぎて肌が乾燥してしまった経験があるという方も多いですが、このバームはクレンジングオイルと同様に高い洗浄力がありながらも、保湿成分も豊富に含まれている特徴があるので洗い上がりがしっとりとして、もちもちとした肌にととのえることが出来ることが大きな強みです。
このクレンジング化粧品が向いている人としては、日頃から毛穴汚れに悩んでいる方や肌のくすみを解消したいという方が挙げられます。
通常のクレンジング化粧品では毛穴の奥に詰った皮脂汚れまでを落とすことは難しいとされますが、バームタイプならオイルベースなので毛穴の内部まで簡単に入り込み、毛穴の詰まりや黒ずみの原因となる角質汚れをオイルが浮かせて、軽くマッサージを行なうだけで簡単に汚れをオフすることができます。
日頃からメイクをされている方はどうしても毛穴トラブルが起こりやすいので、バームタイプを上手く活用して引き締まった美しい毛穴を維持するようにしましょう。

マッサージケア効果も得られる

またマッサージケア効果も得られるため、肌表面に蓄積しがちな古い角質も優しく除去され、透明感のある美しい肌を手に入れることができます。
ただいくらゴシゴシこすらずとも汚れを落とすことが出来るからといって、頻繁に毛穴の詰まりやすい小鼻を中心にマッサージをする習慣をつけていると敏感肌や乾燥肌の人にとっては、刺激が強すぎてしまう可能性があります。
そのため週に1~2回を目安として角質ケアや毛穴ケアを重点的に行なうようにしましょう。
またケアを行った後は、通常よりも肌が乾燥しやすくなっているので、念入りに保湿を行なうことも大切です。

基本的に顔と手は濡らさずに使用することが大切

バームタイプの正しい使い方としては、基本的に顔と手は濡らさずに使用することが大切です。
これはバームタイプが親油性なため、体が濡れやすいお風呂場での使用は体を濡らす前に使うことがおすすめです。
適量はさくらんぼ大ですが、商品によっては使用する量が異なる場合があるので指定されている量をチェックした上で使いましょう。
バームタイプはジャーに入っていることが多いので、手にとる時にジャーの中に水が入ると雑菌の繁殖や品質劣化を引き起こす可能性があるので、手ではなくスパチュラが便利です。
手のひらに適量を出したら、両手で広げるようにして手の温度でオイル状にし、それから顔全体になじませることがポイントです。

まとめ

指の腹を使用してメイクとなじませるようにしてくるくると円を描くようにマッサージしましょう。
メイクと馴染んだら、少量の水やぬるま湯を足して乳化させたら丁寧に洗い流してお手入れは完了です。