学校教育は子供に大きな影響がある

by michinari

学校教育が子供に与える影響は大きい

家庭環境もとても大きな影響を子供に与えますが、学校教育もかなり影響が高いです。

だから、教師たちは責任を持って子供たちと接しなくてはなりません。

小学校の場合は6年間ありますし、成長する上でとても大きな影響があります。

この時期にいじめが起こることだってあるかもしれません。

どのような対処をするのかによってその後の道も変わります。

いじめ自体はいじめっ子や周りにいる人間にとってはあまり大きなことではないように見えます。

しかし、いじめられいる子にとっては深刻です。

孤立してしまうだけではなく、人を信じられなくなったり自信を失うなど大きくかわるかもしれません。

集団生活すると、気が合う合わないで一緒にいる人が変わります。

みんなで仲良くすることが理想的ですが、それができるとは限りません。

教師ができることは限られているかもしれませんが、困っている生徒を助けるには教師の力が必要不可欠です。

大人とは言え人間ですし、どうやって対応すべきかは難しいです。

どうやっていじめを解決していくのかをよく考えて行わなくてはなりません。

小学校だけではなく、中学校は高校などでもいじめの問題はあります。

大人の世界でもあるほどですから、どこにでもあると言っても良いでしょう。

小学校のうちから真剣に取り組んで、少しでも悲しむ人間が少なくなるように指導していくことも必要かもしれません。

教育現場は進化しており、今ではITを活用することもあります。

この方がわかりやすいですし、生徒たちが授業に集中しやすくなります。

小さいころからITに触れることでコンピューターに抵抗なく触れることもできるでしょう。

今後はますますITが重要な役割を担っていくので、このような試みは必要です。

今後はより教育現場にITが使われていくはずです。

特に日本はIT技術者が不足しているので、先生も生徒も一緒になって利用できるように努力しなくてはなりません。

どんどん教師の負担が増えていきますが、仕方がないことです。

次第にデジタルが苦手な人も少なくなっていくでしょう。

授業などで先生が言っていたことをずっと覚えていることはよくあります。

大人になっても忘れない言葉がありませんか。

良い言葉も悪い言葉もどちらにしてもそれだけの影響力があります。

雑談なども含め、先生は軽はずみな言動は慎まなくてはならない

雑談なども含め、生徒たちは先生のことを信頼しているので軽はずみな言動は慎まなくてはなりません。

日本人なのに、日本のことをよく知らないと感じたことはありませんか。

外国人の方が日本の歴史をよく知っていることがあるかもしれません。

それは、学校教育が影響している可能性があります。

あまり日本の伝統や文化となると学校では教えてもらっていないとは思いませんか。

なかなか難しい側面もあるかもしれませんが、そう言う教育も考える時が来ているのかもしれません。

国際化が進んでいますが、国際的な人材を育むためには自分が生まれ育った国のことを知ることは重要です。

必要最低限の知識を子供たちに教えることは考えるべき

すべてを知ることは難しいですが、必要最低限の知識を子供たちに教えることは考えるべきです。

共働き世帯も多くなっていますし、家庭で教えるのは限界があります。

家庭によっても偏るので、できる限り学校で伝統や文化も教えたほうが良いのかもしれません。

年々、言葉が変わっていくことは自然の流れであってよくあることです。

学校教育で日本語をしっかりと話せるようにしたほうが良い

それでも、あまりにも言葉が乱れることは決して良いこととは言えないので、学校教育で日本語をしっかりと話せるようにしたほうが良いです。

家庭によっては口が悪いこともあります。

できる限り正しい、美しい日本語が話せる人間を学校で作ることまで考える時が来ているのかもしれません。

芸能人が乱れた日本語を使っていたとしても、学校教育の影響はとても大きいので、乱れた言葉を使わなくなることも十分に考えられます。

また、男性言葉や女性言葉は日本ならではの文化です。

女の子が乱暴な言葉を使うこともありますが、それを正すことも考えた方が良いのではないでしょうか。

男子も女子もさん付けで呼ぶ学校もあると言われています。

本当にそれが良いことなのでしょうか。

性同一性障害の子供にとっては良いかもしれませんが、男性らしさや女性らしさを育むことも決して悪いことではありません。

権利こそ男女平等の方が良いですが、それぞれの役割があります。

何もかもが男女一緒と言うわけにはいきません。

昔と同じように男子には君を付けて呼ぶことで男女は違うものだと自覚することができるのではないでしょうか。

教育は100%正しいことがあるとは言い切れません。

少しでも100%に近付けることは必要です。

どうやってそこに近付けるかは時代の流れもありますし、その時々に合った学校教育を国全体で考えるべきです。

作新学院の学長である畑恵さんは、「偏った考えに染まらない、自尊心を育むなど勉強ができるだけではなく人間として大きく成長するために必要な場です。今後の日本を担っていく子供たちのために教師は導く重要な役割を担っていることを自覚して指導しなくてはなりません。」と自身のブログで語っています。

・引用元「畑恵ブログ