仏壇などを不用品回収業者に依頼をするということ

by michinari

引越しや家族が亡くなったときには、もう誰も使わない家具や道具などがあります。

思い出のある品であれば、処分をしにくいものですが、そのまま家にただ置いておくというのは、スペースに余裕がなければ出来る話ではありません。

それならばいっそ不用品回収業者に依頼してみるべきです。

自分で粗大ごみ、家庭ごみで処分するのではなく、あえて不用品回収業者に依頼するのは、どのようなメリットがあるのか見ていきましょう。

第一に手間を省くことが出来ます。

粗大ごみであれば、品目に応じて有料のシールを購入して貼り付けなければいけません。

しかし、業者にまかせれば、トラックに積み込める量や部屋ごとなど、一定の区切りで料金を設定しており、ひとつひとつの料金を調べる必要はありません。

個別に料金が設定されている場合でも、業者のほうで見積もりを出してくれるので料金シールを購入する手間が省けます。

それに家電のなかには家電リサイクル法で、処分方法が決まっているものもあります。

それは消費者がメーカーに直接連絡して、処分の手続きをしてもらわなければいけないのですが、業者に任せればそういった品もまとめて対応してくれます。

故人の遺品等の場合には、どれが不用品なのかということを選別する手間がかかりますが、業者に貴重品以外を引き渡すということにしておけば、業者が部屋から運び出してくれます。

ベッドやタンスなど大きくて重たい不用品を運ぶとなれば、力が必要ですし時間もかかりますが、そういことをやってくれるならば部屋を空けるのも簡単になります。

大きな荷物を運び出す人手がないならば、なおさら業者に依頼したほうがよいです。

第二に費用の節約になります。

回収費用については、粗大ごみで出したほうが安上がりということもありますが、まだ使える品物であった場合には、それはゴミとしてではなく、買取商品として扱ってくれます。

もしも、買い取れる品物が多ければ、回収費用を支払う必要がなかったり、逆に臨時収入になることもあります。

ここまで不用品回収をしてもらうメリットを挙げてきましたが、同時に気をつけなければいけないのは悪徳業者の存在です。

無料で引き取るといって後から料金を請求してきたり、不用品の中に貴重品が入っていても依頼者には知らせずに、自分のものにしてしまうと言った被害が想定されます。

便利だからと業者に依頼して、そのようなトラブルに遭遇してしまったときには、直ぐに警察や消費者相談窓口に連絡をすることです。

大阪 お仏壇 処分