日本調剤の調剤薬局を活用する方法とは

by michinari

保険調剤薬局のチェーンとして知られる日本調剤

日本調剤とは、保険調剤薬局のチェーンとして日本国内の全ての都道府県に調剤薬局を出店しているという、国内の大手調剤薬局チェーンです。

調剤薬局は、病院の医師が出した処方箋に基づいて、薬を調剤した上で、その薬の効果の説明や、服用の際の注意事項等を患者に伝えつつ、薬を出す場所だったりします。

薬を安全に使用するための手助けをしている場所であり、日本調剤の調剤薬局も同様の役割を担っているのです。

ただしより便利で安全に、薬を受け取れる場所として機能しています。

というのも薬を受け取る際、患者はお薬手帳を持って行くのが基本です。

お薬手帳には、現在服用している薬の情報や、薬による副作用や過去の病歴、アレルギーのある無し等、薬を出す上で重要な情報が多く書かれています。

薬剤師は基本的に、お薬手帳を確認して処方箋の薬を出しても問題がないかどうかを、チェックするのです。

この様に、お薬手帳の情報は重要だったりします。

お薬手帳プラスについて

そんなお薬手帳ですが、日本調剤の調剤薬局であれば、もっと便利に利用可能です。

というのもスマートフォン用に、お薬手帳プラスというアプリを使用する事が出来ます。

お薬手帳プラスを使用すれば、紙のお薬手帳の情報管理が出来る上に、薬を効率的に受け取る事が可能です。

このアプリには、処方箋の送信という機能があるので、調剤薬局が混雑している際には、その待ち時間を短縮したり、待ち時間を有効活用する事が出来ます。

 


出典元:https://job.rikunabi.com/2018/company/r670661029/

更にお薬手帳プラスには、健康や薬の管理機能もあり、便利に利用可能です。

カレンダーに通院日を設定する事で、病院に行くのをうっかり忘れるのを防ぐ事が出来ます。

同様に服薬時間をセットしておけば、アラームで報せてくれる機能もあるので、薬の飲み忘れを防ぐ事が出来て、非常に便利です。

日本調剤は、薬を受け取りに行く場所だけでなく、健康管理を行う場所としても有効だったりします。

というのも店舗内に健康チェックステーションがあり、様々な形で健康チェックを行う事が可能です。

具体的には、血圧計や体組成計等の健康測定器が置かれているので、それらを使用して、自分の健康状態や身体の状態を手軽に知る事が出来ます。

その上、簡易血液検査キットを常備した検体測定室もあり、何時でも血液検査を行う事が可能です。

お陰で血液検査により、糖尿病等の予防に役立てる事が出来ます。

加えて健康チェックステーションでは相談専用のブースも設置されており、そこで薬剤師や栄養士に、健康や薬に関する相談を行う事も可能です。