光熱費は自分で見直しをする事も重要

by michinari

光熱費の見直しで気づくことがある

光熱費は自分で見直しをすることも出来るようになっていますから、今の光熱費は常にチェックをして不満があるような事があれば、電力会社を変更するという事を考えたりするのもいいでしょう。

電気の使い方も考え直して、やすい夜の電気を使うという事が出来ないのかを検討したり、更には太陽光発電などの事も考えたりして、効率的且つ効果的な方法を検討するという事は当然すべきでしょう。

それが節電などの意識にもつながり、ひいてはエコにもなり世界の環境保全の考え方にも役に立つかもしれません。

特に日本は世界でも以上に高い光熱費になっているわけですから、このことはしっかりと吟味をしておく必要があります。

不当に高い値段をつけられていないのかという事を監視するというわけです。

そして、この監視には今では大きな意味を持たすことが出来るようになったという事もある。

というのは、何かおかしな事があればそれをTwitterやブログなどに投稿して、此処がおかしいという事を意見を世間に対して言える場が出来たという事も意味があります。

というのは、これで場合によっては政府すらも動かす事が出来ることも考えられるのです。

昔に保育園の不足を嘆いたブログ記事の投稿が大きなニュースとなり、政府が動くということにまで発展したという事は誰もが知っている所でしょう。

こうした事が出来るのが今の時代という事です。

光熱費に対して疑問を持つことも必要

高い光熱費というのは生活を圧迫することになりますから、ここに問題があるという事になれば、世間からの共感も得やすいという事になり、自分の意見が政府に届くことも十分にあるというわけです。

例えば火力発電だけでは不安なので他の発電方法も検討すべきという投稿をするのもいいでしょう。

これは既に言われていることなので、一つの意見だけでは政府が動くことは無いでしょうが、これが膨大な数投稿されたということになれば、これは政府も注目するしかありません。

多くの人に関係することですから、慎重に対応するのは当然ですが、何かの動きが出てくる事で事態が改善していく事は大いに考えられる事になります。

つまり、何をしても無駄という環境では無いというのが今の社会状況だという事出もあるわけです。

昔であれば、このような事は考える事もできませんでした。

電力会社の指定通りに料金を払うという事しか出来なかったのですが、今は様々な方法で自分の意見を述べるという事が出来るようになっているわけですから、こうしたものを活用しない手はありません。

その為には、光熱費の事をしっかりと知る必要もあるわけです。

何故このような値段になっているのだろうというように不思議に思う事もあるでしょう。

世界的に高いという事であれば、何故そうなるのかという事も検討材料として考える事が出来るようにもなるはずです。

例えば再生可能エネルギーの為の費用も今の光熱費には含まれているという事も分かりますし、ほとんどが火力発電による電力供給でその為に燃料代が高くなるので、値段が高いという事もわかるはずです。

ですが、分からないところも多々出てくるので、その分からないところを追求していけば良いという事になるわけです。

電力自由化で選択できる時代になった

例えば何故火力発電しかしないのか、他の発電方法は無いのかという事も検討すればいいのにというように言えばいいわけで、これについては深い知識が必要になるという事でもありません。

ただし、情報発信をするという事は、それに対して世間からは反応が来るという事も知っておく必要があります。

自分もそう考えるという同意ばかりでは無く、それはちょっと考え方が違うというような反対意見も来るかもしれませんから、それについては備えておく必要もあるでしょう。

ですが、別にそんなに怖がる必要はありません。

根拠がしっかりとしていれば、この根拠なのでというように言えばいいだけですから、別に批判を恐れる必要は無いのです。

むしろ、自分が何もしない事で問題であるこの状況が変わる事が無い事の方が問題だと考えても良いかもしれません。

行動をする人は、さまざまな影響を世間に対して与えることにもなるので、それなりに批判される事もあるのです。

そうした批判は社会に出れば、当然ある事ですから、それは受け止めるしかありません。

むしろ社会にでて何も言わないという事の方がおかしいわけで、自分の意見は自分の考えで言うという事をしていれば、特に問題となる事でもありません。

こうした、自分の意見をしっかりというという人が増えることで、世の中は全く違ったものとなると考えていいでしょう。

すると、料金の値上げなども簡単に出来なくなります。

というのは、当然多くの人が批判をすることになりますから、それによって電力の供給会社は自社のイメージが悪くなり、事業に支障をきたすことも考えられるからです。

今は電力自由化も始まって企業を選択する事も当たり前になって来ている時代です。

選択の自由は企業の横暴を抑えることにもなるので、大きな意味があるのです。

 

出典元:エスコシステムズ口コミ