元社長、前田氏が語る

by michinari

⒈土地と建物の総合的な判断が出来るのは他にない特徴

信和建設は土地から建物、不動産事業までを総合的に考えることができるのが特徴です。

このことがどんなに貴重なのかは一般にあまり知られていません。

通常は土地を探すのは地元の不動産会社で、建物は設計事務所や建設会社が分業により建てるのが一般的です。

出来上がれば管理会社に任せ、オーナーは入居率の心配をしながら事業を続けるのが一般的なのです。

つまり、不動産と建築の仕事は多くの専門家による協働が必要で、それぞれの専門家が得意なパーツを担当します。

しかし、不動産と建築の全体を見渡してアドバイスをくれる会社は存在しません。

信和建設の強みは不動産を総合的に捉えて考えることができる点にあります。

この仕事の最終的な目的は入居率の落ちない魅力的な物件を建て、それを少ない費用で維持することですが、パーツに分かれた専門家には総合的なアドバイスができません。

もちろん、大手の会社はすべての部門に関係性を持つところもありますが、その場合でも分社により専門化しているのが一般的です。

土地利用ではそこに何を建てるかを決める必要があり、それが必ずしも賃貸物件とは限りません。

近年は社会福祉施設の利用も増えているので、その方面での実績がある会社は安心できます。

不動産会社は土地の良し悪しを判断できても、そこにどんな建物が建つかまではわかりません。

建設会社なら建物の設計から施工までに精通しているので、土地と建物の総合的な判断ができるのです。

物として魅力的であっても、事業として成り立たなければ何にもなりません。

不動産と建築の全体に精通している会社であれば、収益性のある物件を提案することが可能となります。

実は収益性があるかどうかは簡単なソフトにより検証が可能です。

しかし、それは卓上のものでしかありません。

実際に収益性のある建物を建築するのは思った以上に大変なのです。

 

⒉不動産全体のアドバイスができるのは信和建設だから

不動産賃貸事業においては初めに収支計算を行い、収益性を確かめるのが一般的です。

その場合は借入金の利率と初期投資としての建設費が重要な意味を持ちます。

金利は低いほうが良く、そのために事業の時期を選ぶ必要があるのです。

不動産賃貸はいつでもできるわけではありません。

経済状況を確認しながら仕事を始める判断をする必要があります。

建設費も安い時期と高い時期があるのです。

この仕事は金利が低く、建設費が高騰していない時期を選んで行うことが大切です。

そのことをアドバイスできるのは、不動産賃貸事業に精通した会社に限られます。

通常は不動産の事業主体と建設会社は別の組織です。

それぞれに得意な分野が異なるので、別会社となっているのが一般的です。

しかし、それでは不動産の全体を見渡すことはできません。

信和建設は不動産賃貸事業と建設業の両方に詳しい会社として稀有な存在なのです。

さらに、入居者を探したり建物を維持したりする管理会社としての機能もあります。

そのため、土地活用の段階から将来の入居者の心配ができるので、収益確保の間違いないアドバイスができるのです。

賃貸物件でもマンションでも建物の維持管理は大変なことです。

大規模な改修は必ずしなければならず、管理組合はそのための積み立てを行っているのが一般的なこととなります。

通常は管理会社は建設会社とは別なので、大規模の改修をするのに適切な時期がわかりません。

しかし、信和建設ならばその時期を的確につかむことが可能です。

なぜなら、自社で建設した物件だからです。

そればかりか、建てる時点で将来の維持管理に配慮した仕様を選ぶことができます。

このことのメリットは大きく、協調しすぎることはありません。

 

⒊オーナーにとって頼れる存在

不動産事業を知り尽くした信和建設にはほとんど弱点がありませんが、他のチェックを受けないデメリットがあります。

どの組織でも、他からのチェックが無ければ腐敗することもあるでしょう。

このような会社に依頼する場合は一部の事業を他の組織がチェックできる体制を作る必要があります。

一般的には設計を専門の設計事務所に依頼する方法があります。

設計事務所はデザイン性に優れた建物を設計してくれるので、入居率の向上に役立ちます。

現場のチェックをするので、工事の手抜きを未然に防ぐことができるのです。

別に設計料が発生しますが、建設会社に設計を依頼しても料金は発生します。

オーナーは信頼できる仕事の体制を整えたとしても、最終的な事業の判断は自らの責任で行う必要があります。

当然のこととしてリスクはゼロではありませんが、利益を得るためには誰もが通らなければならない道です。

事業のリスクを減らすためにも、不動産と建築の全体を見渡す力のあるパートナーの存在が大切となります。

信和建設に依頼する場合は、信頼できる担当者を探す必要があります。

担当者はオーナーとの相性もあるので、一度で決める必要がありません。

長いつき合いとなるので、信頼できる担当者が見つかるまで時間をかけて、じっくり構えることが大切です。

前田 裕幸