精神障害者の施設の特徴や魅力を知っておきたい

by michinari

統合失調症や双極性障害、うつ病などの病気は、症状が悪化すると日常生活に支障をきたしてしまいます。
精神科の病院では症状が改善すると退院することが出来ますが、家族などの身内がいない場合は、一人で生活をするのは不安を感じている人が少なくありません。
精神障害を持っている人が安心して生活をしたり、社会生活に参加するために施設に入居することが出来ます。
精神障害者施設は全国にあるので、まずは電話やメールなどで問い合わせをすると良いでしょう。

統合失調症や双極性障害などの病気の特徴

統合失調症や双極性障害などの病気は、退院をすることが出来ても病気の症状が原因で、洗濯や掃除、調理、片付けなどの家事などが困難になることが多いです。
他人とのコミュニケーションがうまくいかず、仕事に復帰できるか不安を感じている人が少なくありません。
精神障害者施設には経験豊富な医療スタッフや看護師、介護士などが勤務をしているので、入浴や排泄、食事などの介助などを受けることが出来ます。
意欲や気力などが低下してしまい、入浴などの身の回りの清潔を保つことが困難になることが多いです。
入浴や着替え、排泄などの介助をしてくれるので、安心して生活をすることが出来ます。
信頼できるケースワーカーや看護師などの医療スタッフが在籍をしているので、日常で困っていることや悩みなどを相談すると良いでしょう。
うつ病や双極性障害、統合失調症などの精神疾患は、一般的な病気に比べると治療期間が長引く傾向があります。
精神疾患が原因で再就職がなかなか出来なかったり、薬代や治療費が掛かるので悩んでいる人が多いです。
精神障害者は地元の役場や市役所などで自立支援医療の申請をしたり、障害年金の相談が出来るので家族と一緒に足を運んでみると良いでしょう。

まずは医師や市役所の職員に相談をしてみる

自立支援医療は障害者手帳を持っていなくても、審査を受けることが出来るので、まずは医師や市役所の職員に相談をしてみることが大事です。
薬代や治療費などを1割負担にしてもらうことが出来るので、経済的な負担を減らすことが出来ます。
精神の障害年金は重い順番から1級、2級、3級があり、2級以上の場合は一定の金額を受け取ることが出来るのが特徴です。
すぐに仕事に復帰が出来ない場合でも、障害年金を受け取ることで安心して生活が出来ます。
精神疾患で治療を受けているけれど、症状がなかなか改善しない場合は、障害年金の受給を検討してみると良いでしょう。
住んでいる地域の信頼できる社会保険労務士などに相談をすることで、審査に通りやすくなります。

精神障害者施設で有名なグループホームの特徴

精神障害者施設にはグループホームが有名ですが、比較的少人数になっており、アットホームで落ち着いた雰囲気が特徴です。
以前は精神疾患に偏見を持っていた人が多かったですが、現代は多くの著名人も病気に罹る人が増えており、職場や学校、家庭でも理解を得やすくなっています。
グループホームに入居をするためには精神障害者手帳などが必要なので、事前に用意をしておくことが大事です。
なるべく自宅から利便性の高い立地のグループホームを選んでおくと、家族や親戚などの身内と会うことが出来ます。
病気の症状が改善してくると仕事に復帰をしたい人が多いです。
長い間仕事をしていないと不安を感じている人が多いですが、グループホームでは仕事をすることが出来るので、自信が持てるようになります。

症状が良くなって社会復帰が出来る人が多い

精神疾患に罹る人は増加傾向にありますが、現代は優れた医薬品が開発されているので、症状が良くなって社会復帰が出来る人が多いです。
良くなったり、悪くなったりを繰り返すことで、少しずつ症状が安定してきます。
病気が原因で意欲や気力が減退していた場合でも、少し回復してくると仕事や家事、学業などに復帰が可能です。
グループホームは幅広い年代の患者が入居をしているので、孤独を感じることなく生活をすることが出来ます。
入居者と会話をしたり、交流を持つことで社会性を身に付けることが出来ますし、コミュニケーション能力を高めることが出来ます。

グループホームの選び方

グループホームを選ぶ時はあん福祉会のように電話や受付の応対が丁寧だったり、清潔で明るい雰囲気の所がお勧めです。
精神科で入院をしている患者や家族などは、退院後の生活に不安を感じている人が少なくありません。
家族の協力を得られる場合は問題はありませんが、仕事や介護などで忙しくしていると、なかなかお世話が出来ないことがあります。
お世話をしている家族も不安や悩みを相談することが出来るので、まずは電話で問い合わせをすると良いでしょう。
患者の性格や個性に合った施設に入居をすることで、社会性を高めたり、家事などをこなせるようになります。
精神疾患は患者にとっては大変辛い病気ですが、お世話をしている家族や配偶者も同様に大変です。

まとめ

グループホームに入居をすることで、家事などのサポートをしてくれます。
退院が決まっているけれど、一人暮らしをするのは不安を感じている場合は、まずはスタッフに相談をすることが大事です。