転職サービスを使うメリットとは

by michinari

何かと不安や心配ごとなど悩みが多い転職ですが、そんな時に役立てるのが様々な転職サービスです。
人材紹介サイトやアドバイザー、コンサルタントなど色々あって、特に転職エージェントを活用するとスムーズに進めることが出来ます。
まず、面倒な手続きをすべて代行してくれ、履歴書・職務経歴書の作成や添削、求人探し・応募手続き、面接の日程調整から配属先の交渉、給与・ポジションの交渉や雇用契約書の確認、入社関連手続きなども全て任せられます。
これなら、本番の面接以外では企業と直接やり取りをすることはなく別の仕事などをしながらでも進められます。

関連記事
キャリオク/人材のオークションサービスとは?

 

転職するならサービスを利用したほうが得策

個人で活動をしているとすべてこれらのことを自分でしないといけないので、転職するならサービスを利用したほうが得策です。
また、プロのエージェントは自分が気が付いてないPRポイントの整理や、どのように表現すると企業に受かるかなど専門家のアドバイスも無料で受けられます。
時間に余裕があるなら複数の転職サービスへ登録しておいて、それぞれのエージェントからアドバイスを受けて優れた自己PRを完成させることも出来ます。

大手なら過去どのような人が受かり、落ちたや、その時にどのような質問をされてからどう回答したかなどデータも持ってます。
データをもとに希望次第で模擬面接、志望動機や質問への回答も一緒に考えてくれ、面接担当者の名前や人柄、担当者が好きな人物像を事前に教えてくれることもあり、他の候補者よりかなり有利に面接を進められます。
転職サービスの魅力は、一般的な転職サイトや企業の採用ページだと掲載してない非公開求人を保有していることで、これは事業の戦略上のため表立っての募集が出来ないが、ひっそりと人を採用したい企業が転職サービスへ依頼するもので給与やポジションなどハイグレードなことが多いです。

 

エージェントへ相談して非公開も探してみた方が良い

非公開求人の募集がなくてもスキルが高いと、エージェントが企業へ営業にくることも多く、転職サイトを見てから特に就職したい案件がなくても、諦めることなくエージェントへ相談して非公開も探してみた方が良いです。
大体は面接が終わってから人事担当者と連絡をとっていて、その時に面接では伝えきれないスキルや魅力も人事に知らせてくれます。
面接では思うように話せなくて落ちそうになっても、エージェントの営業力で面接に通ることは珍しくありません。
優れた転職サービスを選ぶことで圧倒的に有利に活動を進められて、逆に交渉力が低いところだとこちらの思うように進まないので自分にあったところを選ぶことはとても重要です。

年収や給与などの交渉は個人だと大変しにくいもので、どのタイミングで言うかや交渉の余地すらないことが多いです。
個人経由の応募だと最終面接で入社同意書を書くことが殆どですが、サービスを利用すると最終的な回答は面接が終わってからエージェント経由で伝えることが出来るのでその時に交渉もしてもらえます。
少しでも良い案件で転職したいなら、サービスを活用しない手はないです。

 

トラブルがないように退職が出来るよう自己判断での軽はずみな行動は避けるべき

退職するときは何かとトラブルが起きやすく、サインをしてはいけない書類にしてしまい後から訴訟を起こされて多額の罰金を支払ったり追い詰められてしまい精神的な病気になったりした方もいます。
こんな時でもサービスを活用して転職すれば頼もしい相談相手になってくれ、トラブルがないように退職が出来るよう自己判断での軽はずみな行動は避けるべきです。

転職が初めての方や検討の段階でプロの意見が欲しい時、前に転職して失敗した人や平日の休みが取れない人、現住所から遠方での転職をしたい場合や面接が苦手、絶対に就職したい企業がある時などはぜひ利用したほうがいいです。
完全に無料で使うことが出来るため、最終的に継続して利用するかを決めるのは自分なので安心して相談なども行えます。

エージェントには業界を横断し大量の案件がある総合型と、業界や対象とする層を絞り込んで専門に案件を持っている特化型があります。
特化型は外資系で特に面接が特殊なコンサルティングファーム、アパレル業界で店舗見学などに対応可能、エグゼクティブ系でヘッドハンターペースのやり取りがあるときに活用出来ます。
総合型は業界を横断して大量の案件を保有していて最大だと10万件以上もあり、今自分がいる業界外の可能性も提案してくれます。

 

まとめ

特化型は、業界出身が多いので知識が豊富で業界特有の面接対策を提供します。
ただ、特化しているので中小企業が多く案件数は少なめ、少ないので手持ちの案件を押し付けらえる可能性もあります。
総合なら立場にあわせて選んでいき、担当するキャリアアドバイザーの相性や質も重要なので、数社登録してから面談を受けて一番良いと感じたところを活用するのがおすすめです。
面談を受けてから最終的に転職をしなくても全く問題がないので、気軽に登録してみるといいです。

特化型は転職したい業界で選んでいき、必ず利用するべきとも言えませんが担当のキャリアアドバイザーが業界出身者だったり、知識面ではかなり頼りになるため時間に余裕があるなら登録しておくのがおすすめです。