土地活用の手段とメリット・デメリット

by michinari

土地活用法で人気なのは賃貸住宅経営

せっかく土地を持っているけれどもそのままになっていてどのように活用したらいいかわからずに税金ばかり払い続けているといった場合や土地活用するのに適切な土地を入手して活用できないものだろうかといった場合にはどうしたらいいのでしょうか。

土地の活用を成功させるにはまずはどのような土地活用の方法があるかを知った上で、それぞれの活用方法の利点と欠点を把握し、土地の活用にどんなことをしたいしているのかを明確にしてから市場のニーズに沿った活用方法を見つけていくということが大切なのです。

信和建設などが行なっている土地活用にはいくつかの方法が挙げられます。

そして、それぞれどんな活用の方法があるのかやそれぞれどんなメリットやデメリットがあるのかについて理解をしておきます。

まず、土地の活用方法として挙げられるのが賃貸アパート経営です。この方法は土地の場所については近くにコンビニがあったり、スーパーなどにアクセスし易かったりするといった場合に需要も一定あるという方法だともいわれています。

駅が近くにあるなどであれば入居したいという人もいると言われ、都市部などでは人気のある活用方法になっています。

また、賃貸アパート経営は税制面でも優遇されていると言われ、アパート経営に対するニーズも高いといえます。

この方法のメリットは毎月の安定収益が期待されるということです。

さらに、居宅へ転用なども割と容易とされ、昨今ではサラリーマンも手軽に始めることができる土地活用方法として注目されています。

賃貸アパートなどの経営では土地に対する固定資産税は6分の1になり、都市計画税は3分の1になります。

この方法は所得税や住民税、相続税などの節税といった点などもあり、土地活用をしたいという場合には注目されています。

賃貸経営のリスクを低くした駐車場経営の方法も…

一方、賃貸アパート経営では空き室対策が不可欠と言われています。

空室があれば収益が得られないため、空室リスクをできるだけ低くするための対策が必要です。

新築物件であれば入居者にとっても魅力的な物件と移りやすいかもしれませんが、建てられてから数十年経つとだんだんと賃貸料を下げなければなかなか入居者が見つからないということにもなるといえます。

住人同士のトラブルなどがあれば対応が必要となる場合もありますし、立地条件が悪いと家賃を低く設定しなければ入居が見込めないというケースもあるのです。

また、土地の活用方法としては駐車場経営といった方法もあります。

この方法は他の方法と比較すると初期費用が少なくてすみ、手軽にスタートできると言われています。

さらに、転用も容易で短期間でも土地を活用することができるのです。

しかし、駐車場経営ではあまり高い収益性は期待できないということや節税効果も賃貸アパートなどの経営と比較すると小さいといったデメリットがあると言われています。

店舗経営という方法は駅チカやメインロードに面しているなど、土地によっては高収益を期待できる場合がありますが、店舗に適した土地は限定されるといえます。

また、競合店などがあれば収益悪化となるリスクもあります。

土地活用にはその土地に合った利点と欠点がある

そして、店舗の経営は常にマーケットのニーズを先読みするような経営センスなども必要とされます。この土地でどんな商品を扱かったら収益性が高くなるのかといった積極的な経営姿勢なども必要となるのです。

ライバル店などが出現し、売上が半減してしまったといったことは頻繁に起こっているといわれていますので、そうしたリスクなども含めて土地の活用を考えていくということが重要なのです。

土地を活用したいという場合、メリットがあればデメリットもあるのです。そして、メリットを得るためにはデメリットを克服していくという姿勢が重要です。

土地の活用ではこうしたデメリットに対してどこまで許容ができるかを判断シテから始めるということがどうしても必要になります。

収益を上げるという裏にはこうしたデメリットをどれくらい許容してきたかといった経営者の考え方があるということなのです。

せっかく土地があるけれどもそのまま何も活用せずに税金ばかり払い続けているといった場合には一番最初に検討することとして挙げられるのが、その土地を活用することがメリットが大きいのかデメリットが大きいのかということです。

活用自体を行わなければ固定資産税は支払う必要がありますが、それのみですみます。

活用をする際に生じるデメリットなどのリスクはないということなのです。

しかし、そうしたメリットを考えてみてデメリットと併せて検討してからメリットの方が固定資産税よりも高いということになれば活用することもメリットです。

そのため、土地の活用で成功させるためには、まずはどのような土地なのかということを考え、活用後のことを考えた上で利点と欠点を把握して行くことが大切です。

土地の活用にどんなことを期待しているのかを明確にしてから市場のニーズに沿った活用方法を見つけていくということが大切なのです。